ハイパフォーマンス&ラクシャリーサルーン「クライスラー300C」発表

2005.01.26 自動車ニュース

ハイパフォーマンス&ラクシャリーサルーン「クライスラー300C」発表

ダイムラー・クライスラー日本は、クライスラーブランドのフラッグシップサルーン「300C」を、2005年1月25日に発表した。日本に導入されるのは、3.5リッターV6モデル「300C 3.5」(左ハンドル/4AT)と、クライスラー伝統の「HEMI」5.7リッターV8を積む「300C 5.7HEMI」(左ハンドル/5AT)の2種類で、価格はそれぞれ、462.0万円と567.0万円。


本国には2.7リッターV6モデルもあるが、日本には導入されない。

■レターシリーズの復権

「クライスラー300C」は、2003年4月のニューヨークショーで発表された、クライスラーブランドのフラッグシップサルーン。1950〜60年代に名を馳せたハイパフォーマンスセダン「300レターシリーズ」のイメージを、デザインやパフォーマンスに反映させた高級セダンである。

「クロスファイア」と同じように、ダイムラー・クライスラーグループ内のコンポーネンツをうまく使い、300Cはシャシーの一部を「Eクラス」と共用する。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5020×1890×1490mm、ホイールベース3050mm。全長はメルセデスの大型サルーン「Sクラス」より25mm短いが、それ以外はすべて上回る。




クラシカルな雰囲気を感じさせる外観は、フロントマスクに「PTクルーザー」や「クロスファイア」と同じイメージを盛り込んだ。丸形テールランプを水平に横切るラインは、300レターシリーズのデザインモチーフだという。
シルバーのパネル類、クロームリングを施したメーターやセンターパネルの時計など、インテリアは細部にいたるまで高級感を追求。5.7リッターモデルは、レザーと本木目で仕上げたシフトノブを奢った。




■パフォーマンスと経済性を両立

エンジンは2種類。3.5リッターV6は300Mのエンジンを改良したもので、249psと34.7kgmを発生。トランスミッションは4段ATが組み合わされる。注目の5.7リッターV8「HEMI」は、340psと53.5kgmのアウトプットを誇り、マニュアルモード「オートスティック」付きの5段ATを介して後輪を駆動する。V8は可変シリンダーシステム「MDS」が採用され、低負荷では4気筒を停止することで、経済性を追求した。




装備品に不足はない。3.5、5.7リッターモデルとも、前席パワー&レザーシートや電動調節式ステアリングホイールなどが標準装備。エアコンはデュアルゾーンのフルオートタイプ、米インフィニティ製アンプと、ボストンアコースティック製スピーカー7個+サブウーハー付きオーディオシステムなど、快適装備も豪華だ。安全装備は、ABSやTCS、ESPなどのアクティブセーフティ、マルチステージフロントエアバッグ、サイドカーテンエアバッグといったパッシブセーフティデバイスが全車に備わる。

(webCGオオサワ)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

関連記事
  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2006.9.5 試乗記 クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)
    ……646万8000円

    2006年7月8日、クライスラーのフラッグシップ300Cにステーションワゴン版が登場!ミニバンが人気の日本市場で、アメリカンワゴンはどう受け入れられるのだろうか。その魅力とは。


  • クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2005.2.28 試乗記 クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)
    ……567万円

    二玄社編集顧問大川悠が昨年試乗したクルマの中で、いちばん強い印象を受けたのが「クライスラー300C」だった。「新開発のOHV」を心臓に持ち、メルセデス・ベンツのコンポーネントを流用するモデルの魅力は、デザインによるところも大きかった。


  • フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開 2017.5.26 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」を公開した。ヨーロッパでは量産型が2018年の初頭に発売される予定。
  • オーテックから「セレナ」ベースの特別仕様車が登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2017年5月24日、ミニバン「セレナ」の「ライダー」および「ステップタイプ」に、特別仕様車「Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • ホンダ、新型「N-BOX」の情報をウェブで先行公開 2017.5.25 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月25日、同年秋に発売を予定している新型「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • フィアット500に“てんとう虫”をモチーフにした廉価な限定車が登場 2017.5.24 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
ホームへ戻る