ハイパフォーマンス&ラクシャリーサルーン「クライスラー300C」発表

2005.01.26 自動車ニュース

ハイパフォーマンス&ラクシャリーサルーン「クライスラー300C」発表

ダイムラー・クライスラー日本は、クライスラーブランドのフラッグシップサルーン「300C」を、2005年1月25日に発表した。日本に導入されるのは、3.5リッターV6モデル「300C 3.5」(左ハンドル/4AT)と、クライスラー伝統の「HEMI」5.7リッターV8を積む「300C 5.7HEMI」(左ハンドル/5AT)の2種類で、価格はそれぞれ、462.0万円と567.0万円。


本国には2.7リッターV6モデルもあるが、日本には導入されない。

■レターシリーズの復権

「クライスラー300C」は、2003年4月のニューヨークショーで発表された、クライスラーブランドのフラッグシップサルーン。1950〜60年代に名を馳せたハイパフォーマンスセダン「300レターシリーズ」のイメージを、デザインやパフォーマンスに反映させた高級セダンである。

「クロスファイア」と同じように、ダイムラー・クライスラーグループ内のコンポーネンツをうまく使い、300Cはシャシーの一部を「Eクラス」と共用する。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5020×1890×1490mm、ホイールベース3050mm。全長はメルセデスの大型サルーン「Sクラス」より25mm短いが、それ以外はすべて上回る。




クラシカルな雰囲気を感じさせる外観は、フロントマスクに「PTクルーザー」や「クロスファイア」と同じイメージを盛り込んだ。丸形テールランプを水平に横切るラインは、300レターシリーズのデザインモチーフだという。
シルバーのパネル類、クロームリングを施したメーターやセンターパネルの時計など、インテリアは細部にいたるまで高級感を追求。5.7リッターモデルは、レザーと本木目で仕上げたシフトノブを奢った。




■パフォーマンスと経済性を両立

エンジンは2種類。3.5リッターV6は300Mのエンジンを改良したもので、249psと34.7kgmを発生。トランスミッションは4段ATが組み合わされる。注目の5.7リッターV8「HEMI」は、340psと53.5kgmのアウトプットを誇り、マニュアルモード「オートスティック」付きの5段ATを介して後輪を駆動する。V8は可変シリンダーシステム「MDS」が採用され、低負荷では4気筒を停止することで、経済性を追求した。




装備品に不足はない。3.5、5.7リッターモデルとも、前席パワー&レザーシートや電動調節式ステアリングホイールなどが標準装備。エアコンはデュアルゾーンのフルオートタイプ、米インフィニティ製アンプと、ボストンアコースティック製スピーカー7個+サブウーハー付きオーディオシステムなど、快適装備も豪華だ。安全装備は、ABSやTCS、ESPなどのアクティブセーフティ、マルチステージフロントエアバッグ、サイドカーテンエアバッグといったパッシブセーフティデバイスが全車に備わる。

(webCGオオサワ)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


  • 第6回:キャデラックの旗艦「CT6」でドライブ!
    アメリカを求めて2人の編集部員はどこへ?
    2017.3.24 特集 今回、ドライブに連れ出したのは「キャデラックCT6プラチナム」。全長5190mm、全幅1885mmを誇る、キャデラックのフラッグシップセダンである。2人の編集部員が、アメリカの空気を求めて出掛けた場所とは?
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る