グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に、2つの新グレード

2005.01.26 自動車ニュース

グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に2つの新グレード

プジョー・ジャポンは、グラスルーフを持つステーションワゴン「307SW」に、専用スポーツシートなどを採用した「XSi」と、フルレザーインテリアの上級グレード「Griffe」を追加設定。2005年2月4日に発売する。

「307SW XSi」は、前席に307XSiと同じサイドサポートの張り出したスポーツシートを装着し、スポーティ感覚とSWのユーティリティ性を融合したというグレード。シート表皮は、レザー/ファブリックがコンビネーションで使われる。後席は標準グレードと同様、個別に取り外しできるモジュラーシートとなり、多彩なシートアレンジが可能だ。エクステリアには、17インチアロイホイールやドアステップガードなどを採用し、控えめに演出。アクティブセーフティデバイスのESPが、標準で備わるのもポイントである。
価格は、ベース車の8.5万円高となる304.0万円

「307SW Griffe」は、フルレザー内装を採用したシリーズ最上級モデル。こちらも2列5人乗り仕様で、後席は取り外しできることに加え、リアプロテクションネットを標準装備する。エクステリアは、17インチアロイホイールとアルミドアステップガードを採用した。
価格は、ベース車より10.5万円高い306.6万円。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に、2つの新グレードの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る