グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に、2つの新グレード

2005.01.26 自動車ニュース

グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に2つの新グレード

プジョー・ジャポンは、グラスルーフを持つステーションワゴン「307SW」に、専用スポーツシートなどを採用した「XSi」と、フルレザーインテリアの上級グレード「Griffe」を追加設定。2005年2月4日に発売する。

「307SW XSi」は、前席に307XSiと同じサイドサポートの張り出したスポーツシートを装着し、スポーティ感覚とSWのユーティリティ性を融合したというグレード。シート表皮は、レザー/ファブリックがコンビネーションで使われる。後席は標準グレードと同様、個別に取り外しできるモジュラーシートとなり、多彩なシートアレンジが可能だ。エクステリアには、17インチアロイホイールやドアステップガードなどを採用し、控えめに演出。アクティブセーフティデバイスのESPが、標準で備わるのもポイントである。
価格は、ベース車の8.5万円高となる304.0万円

「307SW Griffe」は、フルレザー内装を採用したシリーズ最上級モデル。こちらも2列5人乗り仕様で、後席は取り外しできることに加え、リアプロテクションネットを標準装備する。エクステリアは、17インチアロイホイールとアルミドアステップガードを採用した。
価格は、ベース車より10.5万円高い306.6万円。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に、2つの新グレードの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】 2011.7.31 試乗記 プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)
    ……414万円/409万円

    「プジョー508/508SW」に、徳大寺有恒が試乗。歴代プジョーを乗り継いだ巨匠は、新たなフラッグシップをどう評価する?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る