震災10周年に神戸を走る――クラシックカーイベント「ポンテ・ペルレ2005」開催

2005.01.24 自動車ニュース

震災10周年に神戸を走る――クラシックカーイベント「ポンテ・ペルレ2005」開催

クラシックカーイベント「ポンテ・ペルレ2005」が、2005年4月23日(土)から25日(月)にかけて、兵庫県神戸市を中心に開かれる。

「ポンテ・ペルレ」は、本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋の完成1周年を記念し1999年にスタート。7回目の今年は、「阪神・淡路大震災10周年記念事業として、神戸の元気を全国にアピールしていくイベント」として、クラシックカー約100台の参加を見込んで行われる予定だ。

スタートとゴールは神戸・六甲アイランド。その間、瀬戸大橋を渡ったり岡山県を訪れたりと3日間で各所をまわる。
参加車両資格は、「ミッレミリア」へ参加するメーカーの車両で1969年以前(同型車は1973年まで)につくられたスポーツカーやコンペティションカー。実行委員会がこのイベントにふさわしいと認めた車両も含まれるという。

参加の応募方法は、2005年2月18日(金)までに所定の用紙を記入し事務局に送付するというもの。その他詳しくは、下記公式サイトを参照されたし。

(webCG 有吉)

「ポンテ・ペルレ」:
http://www.ponte-perle.com/

震災10周年に神戸を走る――クラシックカーイベント「ポンテ・ペルレ2005」開催の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。