「オペル・アストラ」の人気車種「アストラワゴン」登場

2005.01.20 自動車ニュース

「オペル・アストラ」の人気車種「アストラワゴン」登場

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、コンパクトハッチ「オペル・アストラ」のワゴンバージョン「アストラワゴン」を、2005年1月20日に発売した。
ラインナップはハッチバックと同様、ベーシックな「1.8CD」、アクティブダンパーを備える「1.8 Sport」と、2リッターターボを積む「2.0 Turbo Sport」の3種類だ。

■日本で約7割

スポーティに生まれ変わった現行3代目「アストラ」に、ワゴンが加わった。先代の場合、わが国でのアストラの販売比率の約7割を占めた、人気車種である。

エクステリアは、ニューアストラのアグレッシブなイメージを踏襲しつつ、ホイールベースを90mm延長して2705mmとし、後席と荷室空間を拡大。ワゴンとしての利便性を高めた。といっても、ボディサイズは、全長×全幅×全高=4520×1760×1475mm。拡大傾向にある自動車業界にあって、手頃なサイズといえる。

パワートレインは、ハッチバックと同じ、「1.8CD」と「1.8 Sport」が1.8リッター直4(125ps、17.3kgm)+4AT、「2.0 Turbo Sport」は2リッター直4ターボ(200ps、26.7kgm)に6段MTを組み合わせる。

Sport系は、走行状況に応じて最適なサスペンション制御を行うアクティブダンパー「CDC(コンティニュアス・ダンピング・コントロール)」を搭載。利便性のみならず、生まれ変わった走りも自慢だ。
またハッチモデルと同じく、ABSや横滑り防止装置「ESP Plus」などを統合しシャシーをコントロールする「IDS(インタラクティブ・ドライビング・システム)」は全車に標準で備わる

ワゴンづくりに長けたオペルらしく、使い勝手にもこだわり。後席には、4:2:4分割可倒式を採用(Sport系)。上級「ベクトラワゴン」に採用した、荷室に設けられたレールにネットや固定金具を付けて、ラゲッジスペースを区切るなど多彩な使い方を実現する「フレックスオーガナイザーシステム」も備わる。

全車右ハンドル仕様。価格は、1.8CDが250.0万円、1.8 Sportが280.0万円、2.0 Turbo Sportは330.0万円。Sport系には、エアロパーツなどでスポーティに装う「OPCエアロラインパッケージ」が、21.0万円高で用意される。

(webCGオオサワ)


オペル:
http://www.opel.co.jp/

「オペル・アストラ」の人気車種「アストラワゴン」登場の画像



「オペル・アストラ」の人気車種「アストラワゴン」登場の画像

写真は欧州仕様のため左ハンドルだが、日本に入るのはすべて右ハンドル車だ。

写真は欧州仕様のため左ハンドルだが、日本に入るのはすべて右ハンドル車だ。

荷室容量は、通常時で500リッター、リアシートを倒して900リッター、さらに荷物をルーフいっぱいまで積むと1590リッターにまで拡大できる。

荷室容量は、通常時で500リッター、リアシートを倒して900リッター、さらに荷物をルーフいっぱいまで積むと1590リッターにまで拡大できる。



「オペル・アストラ」の人気車種「アストラワゴン」登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)【試乗記】 2002.8.7 試乗記 オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)
    ……429.0万円

    オペルのフラッグシップ「オメガ」。日本での2002年モデルは、17インチタイヤにスポーツサスを組み合わせた「オメガワゴン スポーツ」のみがラインナップされる。フロントグリルが新しい大型ワゴンに、webCG記者が試乗した。


  • オペル・シグナム2.2(5AT)/シグナム3.2(5AT)【試乗記】 2003.12.10 試乗記 オペル・シグナム2.2(5AT)/シグナム3.2(5AT)
    ……355.0/422.0万円

    「ベクトラ」のホイールベースを130mm延ばし、ゆとりある後席がジマンの「オペル/シグナム」。自動車ジャーナリストの生方聡が、千葉県で開かれたプレス向け試乗会で乗った。オペルの新しいフラッグシップはどうなのか?


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・オメガワゴンMV6(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.14 試乗記 ……464.0万円
    総合評価……★★★★




  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
ホームへ戻る