街乗りから遠出までこなすコンパクト、新型「日産ノート」発表

2005.01.20 自動車ニュース

街乗りから遠出までこなすコンパクト、新型「日産ノート」発表

日産自動車は、「爽快に走り、自由自在に使える」をコンセプトとした新型コンパクトカー「ノート(NOTE)」を、2005年1月20日に発売した。


ニューコンパクトにご満悦(?)のカルロス・ゴーン日産自動車社長。
車名の由来は、「毎日をリズミカルに楽しくする『NOTE(音符)』と、そんな毎日を記録しておく『NOTE(ノート)』からイメージした」という。

■6車種目の“SHIFT_”

昨2004年9月にリリースしたSUV「ムラーノ」を先頭に、「SHIFT_」をテーマとするニューモデルを続々と発表してきた日産。6車種目にして最後を飾る「ノート」は、「SHIFT_compact flexibility」(コンパクトのフレキシビリティをシフトする)をテーマに開発されたコンパクトカーだ。

上質な仕上がり、しっかりした走り、便利な荷室などを兼ね備え、街乗りから遠出までフレキシブルに使えるというのがそのココロ。
カジュアル系パーソナルカー「マーチ」に対する、ラクシャリー系「ティーダ」の関係に似て、カジュアル&街乗り重視の「キューブ」に対し、ラクシャリー&ロングツーリングできるコンパクトカーという性格をノートは持つ。
日産いわく、大型車からコンパクトカーに乗り移りたい「ダウンサイザー」が抱くコンパクトカーへの不満を解消するのがノート、とか。




エンジンは、ティーダと同じ「HR15DE型」1.5リッター直4(109ps、15.1kgm)のみで、内外装や装備によってグレードが分けられる。
なかでもFF車に設定されるトップグレード「15RX」は、アルミホイールやルーフスポイラーを装着。硬めにセッティングされた「ユーロサスペンション」を標準装備するスポーティグレードだ。
トランスミッションは、FFにCVT、電気式ヨンク「e-4WD」には4段ATを採用した。

価格は、FFが「15S」の126万円から「15RX」の156万4500円まで。4WDは「15S FOUR」の149万9000円から「15E FOUR」の158万5500円までとなる。月の目標販売台数は8000台だ。




■ショートボディ&ロングホイールベース

ボディサイズは、全長×全幅×全高=3990×1690×1535(4WDは1545)mm。全長は、取り回しやすさの目安といわれる4m未満、高さはタワーパーキングに配慮した設定だ。
クラストップを謳う2600mmのホイールベースによって、広い室内を実現したという。
ちなみにキューブのサイズは、3730×1670×1640mm/2430mm。どちらかというと、7人乗り「キューブキュービック」(3900×1670×1645mm/2600mm)に大きさは近い。

エクステリアは、流れるようなルーフライン、張りのあるフェンダーがダイナミックなフォルムを形成。リアエンドが絞り込んだように見えるのは、ウィンドウグラフィック処理によるものとか。室内空間を犠牲にせずスポーティ感を演出する。低いウエストラインや大型ヘッドランプによって、機能性や使い勝手を表現したという。




インテリアは、上質で落ち着きのあるデザインを目指した。シートは大きさやクッションの厚みをとり、ダッシュボードの表面に表皮を採用して質感を向上。助手席エアバッグの線が見えないようにカバーをかけるなど、細部にまでこだわりを見せる。


「2段マルチトランク」は、ボードで上下を仕切る「2段トランクモード」、前後を仕切る「オープンモード」、大きな荷物を入れる「たっぷりモード」と後席を倒してより広いフラットな空間をつくれる「イージーフラットモード」、4つのバリエーションでアレンジできる。

■収納効率アップ

ラゲッジスペースには、使い勝手を高める一工夫として「2段マルチトランク」を採用。荷室は、取り外し可能な樹脂ボードで上下に区切られ、床面がフラットな荷室、下はアンダーボックスとして使える。ボードは荷室を前後に分けるパーティションとして利用でき、収納効率を高めた。
加えて、後席ヘッドレストをはずさなくてもシートバックを倒すことができ、簡単に容量を拡大できる。


サスペンションは、前マクファーソンストラット、後トーションビームと、「キューブ」シリーズと形式は同じ。「リバウンドスプリング」や「リップルコントロールショックアブソーバー」などで、優れた操縦安定性と快適な乗り心地、静粛性を実現したと謳われる。

全グレード、エアコンやCD一体AM/FMラジオなどを標準装備する。ファミリーカーには珍しく、硬めにセッティングされた「ユーロサスペンション」を用意。FFにのみ設定されるスポーティなトップグレード「15RX」に標準、他のFF全車ではオプションで選べる。

なお、日産の関連会社オーテックジャパンが手がける、よりスポーティを目指した特別仕様車「ライダー」と、「助手席スライドアップシート車」などの福祉車両「ライフケアビークル」もあわせてリリースされた。

(文=webCGオオサワ/写真=高橋信宏)

日産自動車「ノート」:
http://www.nissan.co.jp/NOTE/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
ホームへ戻る