【スペック】全長×全幅×全高=3535×1590×1570mm/ホイールベース=2300mm/車重=960kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4 SOHC8バルブ(60ps/5000rpm、10.4kgm/2500rpm)/価格=169万9950円(テスト車=同じ)(O)

フィアット・パンダプラス(2ペダル5MT)【試乗記】

イタ車入門 2005.01.19 試乗記 フィアット・パンダプラス……169万9950円コンパクトカー史(?)にその名を残す「フィアット・パンダ」の2代目は、MPV風のシャコ高ボディで登場。大型サンルーフ「スカイドーム」を装備する上級グレード「パンダプラス」に、『webCG』記者が試乗した。
(H)
 
(H)
	 
(H)
 
(H)
	 
(H)
 
(H)
	 

イタ車のボトムレンジ

スポーティスペシャル、プレミアムコンパクトにラクシャリークーペ、はてはスーパーカーなど、日本で買えるイタリア車は生活感と無縁だ。もっとも、値引きや下取り、メンテナンス費用を心配して、イタ車に手を出す人は少なかろう。
個性豊かなイタ車ラインナップに珍しい、素の実用車が「フィアット・パンダ」。フィアットのエントリーモデルにして、もっとも手頃なイタ車は、ベーシックグレード「パンダ」が157万3950円。大型サンルーフ「スカイドーム」やルーフレールがついた「パンダプラス」は169万9950円である。

ジウジアーロが手がけた先代に較べれば、ニューパンダは大きくなった。とはいえ、全長はパッソ/ブーンより60mm、幅は75mm狭く、ボディサイズは依然として小さい。「フォルクスワーゲン・ルポ」や「シトロエンC2」はほぼ同サイズだが、パンダはドアが4枚ついているのがメリットだ。

新しいパンダは、もともとMPV「ジンゴ」として開発されていた。全高が1570mm(パンダ・プラス)とやや高いのはそのためである。といっても、絶対値は低いことがジマンの「ホンダ・オデッセイ」と同じ。気になるほど高くないし、二玄社のタワーパーキングにちゃんと収まった。「ホイールベースはパッソ/ブーンより140mm、軽の「ホンダ・ライフ」より120mm短い2300mmだが、エマージェンシー以上の居住性はある。小さくても、ちゃんと実用車しているのだ。

(H)
 
(H)
	 
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
(H)
 
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
	(H)
	 

貧乏くさくない

イタ車において、内外装の造形やデザインはアピールポイント。実用車たるパンダにも、それはあてはまる。ディンプル加工を施したシート表皮や、スイッチの造形がオモチャっぽく、センターコンソールやドアハンドルはプラスチック然としているのに、貧乏くささを感じさせない。楽しい空間に仕上がっている。外観はやや素っ気ないが、テスト車が纏うクラシカルなソリッドカラー「グアカモーレグリーン」をはじめ、ボディカラーは全11色も用意される。

マニュアルながらエアコンや、AM/FMチューナー付きCDプレーヤーを装備。パンダ・プラスは、5:5分割可倒式リアシート、ISO-FIXチャイルドシートアンカーに加え、シースルーの電動サンシェードがついたグラスルーフ「スカイドーム」を標準装備し、柔らかい光が室内を明るく照らす。

(H)
 
【撮影協力】
「ライディングクラブアルカディア」
〒412-0003 静岡県御殿場市柴怒田961
http://www.arcadia-world.com/body/index1.htm
ヨーロピアンダイニング「ジャンヌのまなざし」
http://www.jeanne.jp/
H)
 

デュアロジックに賛成

1.2リッター直4は中低速トルクに優れ、約1トンのボディには十分。非力なことも手伝って、アクセルペダルをベタ踏みすれば、6000rpm以上へ軽く吹けあがる。60馬力だから加速はしれたモノだけど、ドライバーの精神衛生上、大変好ましい性格といえる。

トランスミッションは、「デュアロジック」と呼ばれる2ペダル5MTのみ。非力なエンジンと、ステップ比が狭い5段ギアのおかげか、巷で指摘されるほどシフトマナーは悪くない。クラッチ直結のダイレクトな加速感は、トルコンATでは得られない魅力だ。
さらに、使い勝手が素晴らしい。オートとマニュアルの切り替えは、レバーを左に倒すだけ。さらに、ティプトロニックSのように、オートでも一時的にマニュアルシフトを受け付けるから、こまめなシフトダウンでキビキビ感を損なわず、ドライバーを盛り上げる。

グラっと深くロールして、粘り腰で曲がっていくコーナリングはいかにもイタリア車。スポーティでもスペシャルでもない、フツーの実用車ながら、走りもしっかりイタリアンのパンダは、イタ車の入門にピッタリなんじゃないかと思った。

(文=webCGオオサワ/写真=岡村昌宏(O)、洞澤佐智子(H)/2005年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る