第186回:突撃!オートサロン(その2)ヤンキーテイストは、永遠なり!

2005.01.19 エッセイ

第186回:突撃!オートサロン(その2)ヤンキーテイストは、永遠なり!


第186回:突撃!オートサロン(その2)ヤンキーテイストは、永遠なり!の画像
ジャンクション・プロデュース名物(?)のフサ。
ジャンクション・プロデュース名物(?)のフサ。

■商魂たくましきオートサロン

オートサロンでは、商魂の逞しさにも感心したな。おすまししたモーターショーとは違って、「儲けます!」オーラばりばり。この辺の「群集があれば逃がさない!」みたいな“市場”感覚というか、商店街感覚にもますます感銘を受けました。

たとえば、東ホール奥のほうにデカくブースを構えたジャンクション・プロデュースさん。ここは車内に飾る“フサ”で有名だそうで、そのほか、小さな化粧回しみたいのや、サングラスやら小物がところ狭しと並べられてる。もちろんエアロパーツも売ってるんだろうけど、ファンはこういう小物の方が気楽に付けられるよね。

カタログ表紙に能面……。ガイジンが喜びそう。
カタログ表紙に能面……。ガイジンが喜びそう。
ヘアスタイル、着物の風体が銀座ママを彷彿。
ヘアスタイル、着物の風体が銀座ママを彷彿。

ところで、こういうお店に勢いがあるってことから、同時に「ヤンキー文化よ、永遠なり!」ってことも痛感した。だってさ。一つ一つの商品テイストはもちろん、ここの商品カタログ(なんと2000円もする)、表紙に能面(小面?)かなんかの写真が出てるんだよ! モダンにデザインされているとはいえ、その下に脈々と流れるヤンキー感覚にビックリ。さらにカウンターの奥にいた着物で髪アップの美人ママにも感動。ここは銀座か?

それから、個人的には知らなかったけど、今、クレジットカードによる「囲い込みビジネス」って発展してんのねぇ。今回もジャンクション・プロデュースをはじめ、スバルの「WRCファンクラブ」なるものまで多数、「カード会員にならないか」と誘われました。今どきお店の名前入りカードって簡単に作れるようで、その特典、限定をエサにしてお客を囲い込もうという意図が見て取れる。うーむ、さすがはオートサロン!

「NISMO R34GT-R Z-tune」。R34のエンジンをベースに、2568ccの排気量を2771ccに拡大。ピストンやカムシャフトは専用品、インタークーラーなどを付与して、最高出力500ps(以上)/6800rpm、最大トルク55.0kgm(以上)/5200rpmを発生する。
「NISMO R34GT-R Z-tune」。R34のエンジンをベースに、2568ccの排気量を2771ccに拡大。ピストンやカムシャフトは専用品、インタークーラーなどを付与して、最高出力500ps(以上)/6800rpm、最大トルク55.0kgm(以上)/5200rpmを発生する。
500psを発するV8搭載「無限・レジェンドMAX」
500psを発するV8搭載「無限・レジェンドMAX」
カメラ小僧がやたらと多かった、HOUSE of KOLORブース。
カメラ小僧がやたらと多かった、HOUSE of KOLORブース。

■メーカー系も負けてない

とはいえ、メーカー直系もなかなかやるよね。筆頭はニスモの「スカイラインGT-R Zチューン」。もはや完全な中古の「R34 GT-R」をベースにニスモがギリギリまでチューニングしたそうで、ななんとパワー500ps、トルクは55kgmオーバー! いったいどんな走りなんだろ? 専用タービンはもちろんのこと、専用ピストン、専用カムシャフト、専用コンピュータまで組み込み、排気量を2.8リッターまでアップ! フロントにはLSDも入ってる。とはいえ、お値段1700万円超! フェラーリ買えちゃうよ。
実にNISMO20周年記念の20台限定だそうだけど、結構売れちゃうんだろうなぁ。ちなみにリサイクル料金1万3040円って、しっかり表示されてるのがメーカー系っぽかった。

ホンダ直系の無限もそうよ。実際に売る予定じゃないとはいえ、新型レジェンドに4リッターV8DOHCを載せたコンセプトカーを発表。ルマン用のエンジンで 600馬力オーバー出るところを500馬力にデチューンしてあるそうで、しかもFR! ホントはホンダがこういうの造りたかったんじゃない? って仕様なのが、意味深でよかったです。

あと、「ここはフランクフルトのストリップ屋か!」って感じのHOUSE of KOLORブースにもビックリ。パーツもあるんだろうけど、とりあえず水着スケスケのモデルさんが並んでてカメラ小僧がわんさか。ここじゃ服売ってんのかねぇ。こりゃ数年もすると、毛皮や宝石や宝飾時計も売り始めるかも? そう思わされた今回のオートサロンでありました。

(文と写真=小沢コージ/2005年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』