「ダカール2005」、三菱5連覇達成、ペテランセルは2連勝

2005.01.17 自動車ニュース
「ダカール2005」、三菱5連覇達成、ペテランセルは2連勝

「ダカール2005」、三菱5連覇達成、ペテランセルは2連勝

アフリカンラリーレイド「テレフォニカ・ダカールラリー2005」は、2005年1月16日にセネガルのダカールで最終第16ステージを終えた。三菱のステファン・ペテランセルが総合2連勝を達成。三菱は5連覇、そして記念すべき10勝目を記録した。

今回で27回目を迎えた“パリダカ”は、2004年12月31日にスペインはバルセロナからスタート。1月16日、お馴染みの赤い湖「ラックローズ」でゴールするまでの約9000kmで争われた。

序盤こそ、「日産ピックアップ」の元WRCチャンピオン、コリン・マクレーや「フォルクスワーゲン・レーストゥアレグ」のロビー・ゴードンなどが総合首位をとったものの、上位陣には相次いでトラブルが発生。通算3勝目を目指していた増岡浩にも不運が襲いかかり、増岡の「三菱パジェロエボリューション」は第10ステージでエンジントラブルを起こし戦列を去った。

そんな中、虎視眈々と上位を狙っていたペテランセルは中盤第7ステージで総合トップに浮上。その後は堅調に首位をキープし、チームメイトのリュック・アルファンと三菱1-2フィニッシュという、理想的なかたちでラリーを終えることができた。

総合3位は、三菱で優勝経験のある女性ドライバー、ユタ・クラインシュミットのVW。ジニール・ドゥヴィリエが日産として過去最高位の総合4位でゴールした。

日産のドライバー育成プログラムのメンバー、三橋淳は「日産エクストレイル」で総合11位。「トヨタ・ランドクルーザー100」で挑んだ浅賀敏則は同18位、片山右京は30位にランクされた。

四輪部門は、出走166台中完走75台、トラック部門(カミオン)は69台中36台、二輪は233台中104台がダカールの地に辿り着くことができた。

(webCG 有吉)

【関連記事】

2005年「パリダカ」、1月1日にバルセロナから:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000015487.html
日産、2005年ダカール参戦体制を発表:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016015.html
三菱、「パリダカ」と「WRC」で信頼回復を:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016095.html
「ダカール2005」、序盤はマクレー/日産がリード:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016184.html
「ダカール2005」、総合首位のマクレーがクラッシュ&リタイア:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016188.html
「ダカール2005」7日目、ペテランセル浮上、シノケンはリタイア:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016193.html
「ダカール2005」10日目、三菱1-2、しかし増岡はリタイア:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016203.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。