【東京オートサロン2005】「ダイハツ・コペン」用牽引トレーラー、出ます!

2005.01.14 自動車ニュース

【東京オートサロン2005】「ダイハツ・コペン」用牽引トレーラー、出ます!

年初恒例、ドレスアップカーやチューニングカーのイベント「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日に開幕。ダイハツ工業は、「ムーヴラテ」など軽各車のカスタマイズカーに加え、「コペン」用の牽引トレーラーを発表した。価格は未定ながら、販売の予定が立っているという。

珍しく、グループの“親玉”トヨタと離れてブースを展開したダイハツ。2004年8月リリースの女性向け「ムーヴラテ」をかわいく飾ったカスタマイズカーたちの奥に、黄色と黒のレーシィなカラーリングを身に纏った「コペン」を見つけた。後ろには、なにやらサイドカーのようなものが……。

後部につなげられたこのクルマは「D-SPORTコペントレーラー」というちゃんとした名前を持つ参考出品車。ちょっと贅沢な軽オープン2シータースポーツカーであるコペンの使い勝手を上げるアイテムだ。

全長×全幅×全高=226×147×96cm。タイヤ4本&工具箱、あるいはゴルフバック2個を積載可能なスペースを持つ。最大積載量は100kgだ。
軽車両となるためナンバーを取得(重量税など諸経費あり)しなければならないが、普通免許で牽引できる上、コペン自体にはトレーラーヒッチなど牽引するための装備を付けるだけでOK。コペンの車検証に変更を加えることもないという。

展示されたトレーラーはプロトタイプのものだが、春以降に発売が予定されているという。もっと荷物を積みたかった、というコペンオーナーには朗報だ。

(webCG 有吉)

【東京オートサロン2005】「ダイハツ・コペン」用牽引トレーラー、出ます!の画像

こちらは、「ミラジーノ」のスポーツバージョン「ディースポーツ・ミラジーノ」。車内にはロールバーが張り巡らされた本格仕様だ。

こちらは、「ミラジーノ」のスポーツバージョン「ディースポーツ・ミラジーノ」。車内にはロールバーが張り巡らされた本格仕様だ。

女性向けにかわいい衣を着た「ムーヴラテ」が、さらにかわいくなって登場。「funny & retro & smile」がテーマの「キャルペッパーグー・ラテ」。ところでそれ、一体どんなテーマ?

女性向けにかわいい衣を着た「ムーヴラテ」が、さらにかわいくなって登場。「funny & retro & smile」がテーマの「キャルペッパーグー・ラテ」。ところでそれ、一体どんなテーマ?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る