【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。\"Top of MARK X\"はスーパーチャージャー装備

チューニングカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。昨年のトヨタは、デビューしたばかりの「クラウン」を主役に据えたが、今年は「マークX」がステージに上がった。


「マーク X \"Vertiga\" Super Charger Concept」
スーパーチャージャーを装着し、サスペンション、ブレーキは専用のもの。19インチアルミホイールにフェンダーのエアアウトレットガーニッシュが迫力を醸し出している。リップスポイラー、マフラーディフューザーはカーボン製。

【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

コンセプトカー部門への参考出品車として展示されていたのが、「マークX "Vertiga" Super Charger Concept」。「モデリスタ」が手がけるコンプリートカーの"Vertiga(ヴェルティガ)"をベースにし、スーパーチャージャーを装着してハイパワー化を図っている。19インチホイールを履き、カーボンリップスポイラーなどで精悍な表情を演出している。
マークXは、このほかにモデリスタによるものが2台、TRDチューン2台の計4台が出展されており、「クラウン・アスリート」と「マジェスタ」もラインナップされていた。セダンのカスタマイズカー人気復活を望むトヨタの願いが表れているようだった。


「アイシス TRD VERSION」
18インチアルミホイール、TRD Sportivoショックアブソーバー・スプリングセットなどで足まわりを固めたモデル。価格は220.5万円。

【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

次に数が多かったのは、コンパクトミニバンの「アイシス」。足まわりを固め、エアロパーツを装着した3台が並んでいた。「ノア/ヴォクシー」や「エスティマ」もあり、ミニバンのカスタマイズ需要も相変わらず大きいようだ。

ほかに目を惹いたのは、「MR-S」のコンセプトカー。TTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)製のターボキットを装着し、エクステリア、インテリアにも専用のパーツを用いて仕上げたものだ。生産中止が噂されるMR-Sだが、こういう魅力的なモデルができるのだからもったいないことだと思う。

(NAVI 鈴木真人)


「MR-S TURBO TUNED by TTE」
ヨーロッパ調にシックな装いをまとったMR-S。バンパー、スポイラーなどのエクステリアパーツはすべてTTE製。ターボパワーを受け止めるため、フロントに17インチ、リアに18インチのアルミホイールを装着する。

【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタMR-S Vエディション(5MT)【ブリーフテスト】 2000.9.4 試乗記 ……226.8万円
    総合評価……★★★




  • トヨタ MR-S V EDITION FINAL VERSION(MR/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】 2007.6.22 試乗記 ……244万6305円
    総合評価……★★★★

    発売から7年を経て、生産終了まで秒読みとなった「MR-S」。トヨタのラインナップ中最後のスポーツカーにして、最後の特別限定モデルを峠で試した。
  • トヨタ・MR-S Sエディション(シーケンシャル6MT)【ブリーフテスト】 2002.10.1 試乗記 ……219.8万円
    総合評価……★★★★★




  • トヨタ、「MR-S」を発売 1999.10.14 自動車ニュース トヨタ自動車は、ミドシップの2人乗りオープンスポーツカー「MR-S」を10月12日より全国のネッツ店、およびビスタ店で発売した。専用のプラットフォームが採用された「MR-S」は、新しい「ライトオープンスポーツ」であり、生産が中止された「MR2」の後継ではないとトヨタは主張する。スポーツカーに求められる卓越した操縦性、走行安定性を追求し、駆動方式はミドシップエンジン、リア・ドライブ。このミドシップ・レイアウトおよびショートオーバーハングにより、ヨー慣性モーメントを小さくしたうえ、ロングホイールベース(2450mm)としたことで操舵応答性と収束性の両立が図られている。全長×全幅×全高=3885×1695×1235mm。新開発の専用オープン・ボディは、主要骨格断面の大型化、クロスメンバーの効果的な配置などによって、軽量かつ高剛性を実現したという。車両重量は970kg。低重心スタイルの個性的なデザインのボディは、スーパーレッドV、シルバーメタリックなど7色が用意され、3色の内装色の組み合わせで、21通りのカラーバリエーションが選択可能となる。また、ほとんど外板パネルがボルト脱着式で、カスタマイズや補修に配慮されている点が特徴的である。ミドにマウントされる1.8リッター直4エンジンは、最高出力140ps/6400rpm、最大トルク17.4kgm/4400rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、5MTのみ。オプションで、ヘリカル式LSDが用意されている。衝突安全では、各国の衝突安全基準をクリアするとともに、安全装備として前席プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトをはじめデュアルSRSエアバッグ(ただし、Bエディションには助手席エアバッグなし)、追突時に乗員の首への衝撃を緩和するシートなどが採用されている。環境面では軽量ボディ、高効率エンジンなどにより低燃費14.2km/リッターを実現した。平成12年排出ガス規制に適合するのはもちろんのこと、HC、NOxにおいては規制値を25%下回り、環境庁の「移行期低排出ガスレベル(J-TLEV)」も達成している。価格はBエディションが168.0万円、標準版が188.0万円、Sエディションが198.0万円となる。トヨタ自動車「MR-S」サイト:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Mr-s/index.html2シーターのオープンカーは、日常の使い勝手が悪いと敬遠されがちですが、そこはトヨタ。大小様々な小物入れを随所に配置し、シートの後ろにはゴルフバッグ1個の収納スペースがあるようです。そういう細かい気配りが、思いきったデザインを邪魔しているように感じるのですが。カッコ悪くちゃしょうがないよね、この手のクルマは。(Web CGあらい)
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る