【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

2005.01.14 自動車ニュース
 
【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。“Top of MARK X”はスーパーチャージャー装備

チューニングカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。昨年のトヨタは、デビューしたばかりの「クラウン」を主役に据えたが、今年は「マークX」がステージに上がった。


「マーク X “Vertiga” Super Charger Concept」
スーパーチャージャーを装着し、サスペンション、ブレーキは専用のもの。19インチアルミホイールにフェンダーのエアアウトレットガーニッシュが迫力を醸し出している。リップスポイラー、マフラーディフューザーはカーボン製。
 
【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

コンセプトカー部門への参考出品車として展示されていたのが、「マークX “Vertiga” Super Charger Concept」。「モデリスタ」が手がけるコンプリートカーの“Vertiga(ヴェルティガ)”をベースにし、スーパーチャージャーを装着してハイパワー化を図っている。19インチホイールを履き、カーボンリップスポイラーなどで精悍な表情を演出している。
マークXは、このほかにモデリスタによるものが2台、TRDチューン2台の計4台が出展されており、「クラウン・アスリート」と「マジェスタ」もラインナップされていた。セダンのカスタマイズカー人気復活を望むトヨタの願いが表れているようだった。


「アイシス TRD VERSION」
18インチアルミホイール、TRD Sportivoショックアブソーバー・スプリングセットなどで足まわりを固めたモデル。価格は220.5万円。
 
【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

次に数が多かったのは、コンパクトミニバンの「アイシス」。足まわりを固め、エアロパーツを装着した3台が並んでいた。「ノア/ヴォクシー」や「エスティマ」もあり、ミニバンのカスタマイズ需要も相変わらず大きいようだ。

ほかに目を惹いたのは、「MR-S」のコンセプトカー。TTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)製のターボキットを装着し、エクステリア、インテリアにも専用のパーツを用いて仕上げたものだ。生産中止が噂されるMR-Sだが、こういう魅力的なモデルができるのだからもったいないことだと思う。

(NAVI 鈴木真人)


「MR-S TURBO TUNED by TTE」
ヨーロッパ調にシックな装いをまとったMR-S。バンパー、スポイラーなどのエクステリアパーツはすべてTTE製。ターボパワーを受け止めるため、フロントに17インチ、リアに18インチのアルミホイールを装着する。
 
【東京オートサロン2005】トヨタの主役はマークX。Top of MARK Xはスーパーチャージャー装備

関連キーワード:
MR-SアイシスマークXトヨタクラウン・アスリートクラウン・マジェスタエスティマノアヴォクシーMR-S東京オートサロン2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ MR-S V EDITION FINAL VERSION(MR/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】 2007.6.22 試乗記 ……244万6305円
    総合評価……★★★★

    発売から7年を経て、生産終了まで秒読みとなった「MR-S」。トヨタのラインナップ中最後のスポーツカーにして、最後の特別限定モデルを峠で試した。
  • トヨタ・MR-S Sエディション(シーケンシャル6MT)【ブリーフテスト】 2002.10.1 試乗記 ……219.8万円
    総合評価……★★★★★




  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • 鈴木亜久里、トヨタ「MR-S」に乗る 2000.1.19 自動車ニュース
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記