【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

新年恒例、チューニングカーやドレスアップカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。
例年にも増して気合の入った展示だったのが、ホンダのブースだ。"Wonder Factory"をテーマに掲げて、「レジェンド」「エリシオン」「エディックス」の3台のコンセプトカーを並べていた。


「レジェンド Modulo Concept」
男女二人のダンサーによってプレゼンテーションが行われたレジェンド・コンセプト。「大人」というテーマを強調していた。

【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

ホンダの純正用品メーカーであるホンダアクセスが「モデューロ・コンセプト」として出展しているのだが、最近はホンダ本体そのものの製品がカスタマイズカーじみたデザインになっている。オデッセイなど素のままでもかなりワルい顔つきで、ファミリーカーとは思えないほどだった。

レジェンドはSH-AWDを搭載し、従来の高級車からは考えられないほど「走り」にふったクルマだが、モデューロ・コンセプトはさらにスポーティを指向している。ホイールサイズは超大径の21インチで、ワイドフェンダーやエアスポイラーで迫力のあるスタイリングに仕上げている。内装は、ウッドと本革で落ち着いた雰囲気を作っていた。また、「ドゥーブ」の手がけたモデルも展示してあって、こちらは「ドライカーボン」で形成したエアロパーツが装着されていた。


「エディックス Modulo Concept with ELLE DECO」
こちらは若さを強調したエディックス。助手席バイザー、フロントシートヘッドレストのすべてにモニターが内蔵されている。

【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

エディックスのコンセプトカーは、インテリア雑誌の「エル・デコ」とのコラボレーションでスタイルを提案しているのが特徴。「居住空間」としてクルマをとらえるという、最近広がりつつあるアプローチを取り入れたコンセプトカーだ。

クルマの展示の横ではなぜかパティシエがスイーツを作っていた。レジェンドとエディックスをイメージして、特別に材料を選ぶことから2種の焼き菓子を創作したのだそうだ。担当したのは、フランス菓子店「デフェール」のシェフパティシエである安食雄二さん。「レジェンド・フィナンシェ」と「エディックス・マドレーヌ」を作り上げた。食べてみると、レジェンドが発酵バターの香り高いしっとりした大人の味。エディックスは爽やかさに蜂蜜の甘さをプラスした若々しい味。これが、このコンセプトカーのイメージなのだろうか。

(NAVI 鈴木真人)


安食雄二さんプロデュースの焼き菓子2種が、温かいメープルシロップと蜂蜜をかけて供された。安食さんは、ベルギーの菓子コンクール「マンダリン・ナポレオンインターナショナル」で日本人として初優勝した経歴の持ち主。

【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る