【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

2005.01.14 自動車ニュース
 
【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

新年恒例、チューニングカーやドレスアップカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。
例年にも増して気合の入った展示だったのが、ホンダのブースだ。"Wonder Factory"をテーマに掲げて、「レジェンド」「エリシオン」「エディックス」の3台のコンセプトカーを並べていた。


「レジェンド Modulo Concept」
男女二人のダンサーによってプレゼンテーションが行われたレジェンド・コンセプト。「大人」というテーマを強調していた。
 
【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

ホンダの純正用品メーカーであるホンダアクセスが「モデューロ・コンセプト」として出展しているのだが、最近はホンダ本体そのものの製品がカスタマイズカーじみたデザインになっている。オデッセイなど素のままでもかなりワルい顔つきで、ファミリーカーとは思えないほどだった。

レジェンドはSH-AWDを搭載し、従来の高級車からは考えられないほど「走り」にふったクルマだが、モデューロ・コンセプトはさらにスポーティを指向している。ホイールサイズは超大径の21インチで、ワイドフェンダーやエアスポイラーで迫力のあるスタイリングに仕上げている。内装は、ウッドと本革で落ち着いた雰囲気を作っていた。また、「ドゥーブ」の手がけたモデルも展示してあって、こちらは「ドライカーボン」で形成したエアロパーツが装着されていた。


「エディックス Modulo Concept with ELLE DECO」
こちらは若さを強調したエディックス。助手席バイザー、フロントシートヘッドレストのすべてにモニターが内蔵されている。
 
【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

エディックスのコンセプトカーは、インテリア雑誌の「エル・デコ」とのコラボレーションでスタイルを提案しているのが特徴。「居住空間」としてクルマをとらえるという、最近広がりつつあるアプローチを取り入れたコンセプトカーだ。

クルマの展示の横ではなぜかパティシエがスイーツを作っていた。レジェンドとエディックスをイメージして、特別に材料を選ぶことから2種の焼き菓子を創作したのだそうだ。担当したのは、フランス菓子店「デフェール」のシェフパティシエである安食雄二さん。「レジェンド・フィナンシェ」と「エディックス・マドレーヌ」を作り上げた。食べてみると、レジェンドが発酵バターの香り高いしっとりした大人の味。エディックスは爽やかさに蜂蜜の甘さをプラスした若々しい味。これが、このコンセプトカーのイメージなのだろうか。

(NAVI 鈴木真人)


安食雄二さんプロデュースの焼き菓子2種が、温かいメープルシロップと蜂蜜をかけて供された。安食さんは、ベルギーの菓子コンクール「マンダリン・ナポレオンインターナショナル」で日本人として初優勝した経歴の持ち主。
 
【東京オートサロン2005】お菓子でいうと、レジェンドは大人の味、エディックスは若々しい味……

関連キーワード:
レジェンドエディックスエリシオンホンダ東京オートサロン2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生 2017.12.20 自動車ニュース ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年12月20日、2ドアのオープンモデル「ドーン」の特別仕様車「ベイサイド ドーン」を発表した。価格は4347万円で、販売台数は限定されていない。
ホームへ戻る