【東京オートサロン2005】スバルはストイックでスポーティ&楽しくポップ

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】スバルはストイックでスポーティ&楽しくポップ

【東京オートサロン2005】スバルはストイックでスポーティ&楽しくポップ

新年恒例、チューニングカーやドレスアップカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。
富士重工業とスバルテクニカインターナショナル(STI)は、共同でブースを展開。ラリーマシン「インプレッサWRC2004」をステージ中央に展示し、スバルブルー、白、シルバーの3色を使い、スポーティな雰囲気を演出していた。


【写真上】「インプレッサWRC2004」
【写真下】「ブリッツェン2005モデル」

【東京オートサロン2005】スバルはストイックでスポーティ&楽しくポップ

■主役はスポーティ

スバルの主役は、当然スポーティモデル。ラリーマシンが鎮座するステージ手前には、2005年1月11日に販売が始まった「インプレッサ」のコンプリートモデル「インプレッサS203」が展示された。2003年のオートサロン、参考出品車の市販バージョンだ。

320psの最高出力など、高性能であることに加え、しっとりした乗り味や質感などの“プレミアム感”を追求。前席のレカロ製バケットシートは、レース用シートと同じドライカーボンシェルを使った最新モデルで、1脚55万5000円もするという。

価格は460万9500円と決して安くないが、限定555台のうち、既に300台以上が売約済みとか。会期中に売り切れる可能性もあるので、気になる方はお早めに。


「レガシィツーリングワゴン3.0R spec.B Tuned by STI」。足まわりに、ビルシュタイン製車高調節式サスペンション(05年3月発売予定)や、ブレンボ製ブレーキキット(59万8500円)などを採用。エンジンはスポーツマフラー(参考出品)を装着するが、ほぼノーマルだった。

【東京オートサロン2005】スバルはストイックでスポーティ&楽しくポップ

■「ブリッツェン」と「S402」(?)

ステージ向かって右には、「レガシィ」シリーズのアフターパーツ装着車が並ぶ。注目は、「レガシィB4」の内外装を変更した限定車「ブリッツェン2005モデル」と、STIパーツを組み込んだ参考出品車「レガシィツーリングワゴン3.0R spec.B Tuned by STI」だ。

「ブリッツェン2005モデル」は、ターボユニットを積む「レガシィB4 2.0GT」をベースに、専用デザインのフロントバンパー&グリル、リアバンパー、17インチアルミホイールなどを装着。インテリアは、赤&黒のツートーン、またはブラックのみが選択できる、専用本革シートなどを与え、上質感を高めた仕様だ。




【東京オートサロン2005】スバルはストイックでスポーティ&楽しくポップ

もう1台、3リッターフラット6を積むレガシィシリーズのフラッグシップを、STIがチューンしたのが「レガシィツーリングワゴン3.0R spec.B Tuned by STI」。ベース車の乗り味をスポイルすることなく、スポーティ性を高めたという。

ところで、S203のように、コレが次期レガシィのコンプリートモデル「S402」なのだろうか? STIの広報氏によれば、「S402をどんなクルマにするか、方向性が定まっていません。2リッターターボと3リッターフラット6、どちらをベース車にするかも……」、つまり未定らしい。




【東京オートサロン2005】スバルはストイックでスポーティ&楽しくポップ

■小さなワンメイクレーサー

一方、ステージ左側は、軽自動車「R2」と「R1」に、ワンメイクレーサー風のカラーリングを施したカスタムカーが並ぶポップな雰囲気。ストイックなスポーツの世界とは、異なるクルマの楽しみ方を提案する。

これに加えて、スバルカスタマイズラボラトリー(ScLaBo)に参加した、5社のカスタムカーを集めた「スバルカスタマイズビレッジ」などが見られる。

(webCGオオサワ)

富士重工業:
http://www.subaru.co.jp/

スバルテクニカインターナショナル:
http://www.subaru-sti.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る