誕生35周年記念「フェアレディZ 35thアニバーサリー」発売

2005.01.14 自動車ニュース
 

誕生35周年記念「フェアレディZ 35thアニバーサリー」発売

日産自動車は、1969年に初代が誕生してから35周年を迎えた「フェアレディZ」に、記念車「35thアニバーサリー」を設定。2005年1月13日に発売した。同年5月末まで、期間限定で販売される。



 

「フェアレディZ 35thアニバーサリー」は、クーペのトップグレード「Version ST」の6段MT仕様をベースに、エンジンや足まわりをチューニングしたモデル。記念車ながら、内容はスポーツカーらしく、ストイックで手が込んでいる。

エンジンは、高回転域での伸びや力強さ、扱いやすさを高めるため、細部にわたってチューン。エキゾースト側に、世界初を謳う電磁式バルブタイミングコントロール「e-VTC」を採用したほか、カム動作角の拡大、インテークマニフォルド形状変更、ピストンリングやコンロッドボルトなど、変更箇所はすくなくない。これにより、優れたレスポンスや低速での力強さはそのままに、最高回転数を6600rpmから7000rpmに引き上げることができた。



 

装備品として、新デザインの18インチアルミホイールやスペシャルエンブレムを装着。シートはブラック&タンがツートーンをなす、専用本革シートが奢られる。
価格は、ベース車の10.5万円高となる388.5万円。内容を考えれば、お買い得な設定だ。

(webCGオオサワ)

日産自動車「フェアレディZ」:
http://www2.nissan.co.jp/Z/top.html

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る