誕生35周年記念「フェアレディZ 35thアニバーサリー」発売

2005.01.14 自動車ニュース
 

誕生35周年記念「フェアレディZ 35thアニバーサリー」発売

日産自動車は、1969年に初代が誕生してから35周年を迎えた「フェアレディZ」に、記念車「35thアニバーサリー」を設定。2005年1月13日に発売した。同年5月末まで、期間限定で販売される。



 

「フェアレディZ 35thアニバーサリー」は、クーペのトップグレード「Version ST」の6段MT仕様をベースに、エンジンや足まわりをチューニングしたモデル。記念車ながら、内容はスポーツカーらしく、ストイックで手が込んでいる。

エンジンは、高回転域での伸びや力強さ、扱いやすさを高めるため、細部にわたってチューン。エキゾースト側に、世界初を謳う電磁式バルブタイミングコントロール「e-VTC」を採用したほか、カム動作角の拡大、インテークマニフォルド形状変更、ピストンリングやコンロッドボルトなど、変更箇所はすくなくない。これにより、優れたレスポンスや低速での力強さはそのままに、最高回転数を6600rpmから7000rpmに引き上げることができた。



 

装備品として、新デザインの18インチアルミホイールやスペシャルエンブレムを装着。シートはブラック&タンがツートーンをなす、専用本革シートが奢られる。
価格は、ベース車の10.5万円高となる388.5万円。内容を考えれば、お買い得な設定だ。

(webCGオオサワ)

日産自動車「フェアレディZ」:
http://www2.nissan.co.jp/Z/top.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る