誕生35周年記念「フェアレディZ 35thアニバーサリー」発売

2005.01.14 自動車ニュース
 

誕生35周年記念「フェアレディZ 35thアニバーサリー」発売

日産自動車は、1969年に初代が誕生してから35周年を迎えた「フェアレディZ」に、記念車「35thアニバーサリー」を設定。2005年1月13日に発売した。同年5月末まで、期間限定で販売される。



 

「フェアレディZ 35thアニバーサリー」は、クーペのトップグレード「Version ST」の6段MT仕様をベースに、エンジンや足まわりをチューニングしたモデル。記念車ながら、内容はスポーツカーらしく、ストイックで手が込んでいる。

エンジンは、高回転域での伸びや力強さ、扱いやすさを高めるため、細部にわたってチューン。エキゾースト側に、世界初を謳う電磁式バルブタイミングコントロール「e-VTC」を採用したほか、カム動作角の拡大、インテークマニフォルド形状変更、ピストンリングやコンロッドボルトなど、変更箇所はすくなくない。これにより、優れたレスポンスや低速での力強さはそのままに、最高回転数を6600rpmから7000rpmに引き上げることができた。



 

装備品として、新デザインの18インチアルミホイールやスペシャルエンブレムを装着。シートはブラック&タンがツートーンをなす、専用本革シートが奢られる。
価格は、ベース車の10.5万円高となる388.5万円。内容を考えれば、お買い得な設定だ。

(webCGオオサワ)

日産自動車「フェアレディZ」:
http://www2.nissan.co.jp/Z/top.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)【ブリーフテスト】 2009.2.16 試乗記 ……486万6850円
    総合評価……★★★★

    さらなるパワーを手にしつつ、ショート&ワイド化を図った新型「フェアレディZ」。実際の走りはどうなのか? AT仕様の最上級グレードで探った。
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • 「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジ 2017.7.10 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年7月10日、ミドルサイズセダン「カムリ」の新型を発表。同日、販売を開始した。価格は「X」の329万4000円から「G“レザーパッケージ”」の419万5800円まで。
ホームへ戻る