【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

前身「エキサイティングカーショー」から数えて23回目を迎えた「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日に開幕。日産自動車は、広いブースにカスタマイズカーをズラリと並べていたが、主役と思しき「フェアレディZ」の横に鎮座した“スーパーマシン”が異様な存在感を放っていた……。




【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

その名は、「スカイラインGT-R Z-tune Z2」。「R34型」のGT-RをNISMOがフルチューンした「究極のロードゴーイングカー」(プレス資料)で、2004年12月に、20台限定で販売された。

新車はないため、ベースは、NISMOが厳選した走行距離3万km以下のアプルーブドカーでグレードは「V-spec」(6MT)。ボディの状態などの諸条件をクリアした車両は、改造するパーツ部分を一度分解し、ボディ補強などの作業を行った後に塗装、再度組み上げられるという。すべては熟練メカニックによるハンドメイドとか。


Z-tune専用のECM/鋳造ピストン/カムシャフト/エンジンブロックなどで強心臓に仕立て上げた「RB26DETT改Z2」。500psとレーシングカー並のパワーを誇る。

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

心臓部は、排気量を2.6から2.8リッターにアップした「RB26DETT改Z2」で、ベース比プラス220ps増の500ps(!)を発生する。
加えて、強靭なボディをつくるためのスポット溶接や、SACHS社製のスペシャルチューンドサスペンション、ブレンボ社と共同開発した、目標性能を1.6Gとして開発したブレーキシステム、カーボンパーツなど、様々な個所に手を加えたハイパフォーマンスカーなのだ。

20台という希少性もさることながら、コンプリートカーのお値段、1774.5万円というのもスペシャル。聞くところによると、3台が既に販売され、5台が商談中とか。海外からの問い合わせが多いというのが、カルトなモデルらしい。

(webCG 有吉)


ステージ中央には、2004年、全日本GT選手権のGT500クラスデビュー年にはやくもチャンピオンに輝いた「Xanavi NISMO Z」が飾られていた。さらに35周年記念車やNISIMOの「S-tune GT」などを含め、日産ブース以外にも「フェアレディZ」は数多く出展されていた。

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

NISMO「GT-R Z-tune」:
http://www.nismo.co.jp/Z-tune/

関連キーワード:
フェアレディZ日産東京オートサロン2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る