【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

前身「エキサイティングカーショー」から数えて23回目を迎えた「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日に開幕。日産自動車は、広いブースにカスタマイズカーをズラリと並べていたが、主役と思しき「フェアレディZ」の横に鎮座した“スーパーマシン”が異様な存在感を放っていた……。




【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

その名は、「スカイラインGT-R Z-tune Z2」。「R34型」のGT-RをNISMOがフルチューンした「究極のロードゴーイングカー」(プレス資料)で、2004年12月に、20台限定で販売された。

新車はないため、ベースは、NISMOが厳選した走行距離3万km以下のアプルーブドカーでグレードは「V-spec」(6MT)。ボディの状態などの諸条件をクリアした車両は、改造するパーツ部分を一度分解し、ボディ補強などの作業を行った後に塗装、再度組み上げられるという。すべては熟練メカニックによるハンドメイドとか。


Z-tune専用のECM/鋳造ピストン/カムシャフト/エンジンブロックなどで強心臓に仕立て上げた「RB26DETT改Z2」。500psとレーシングカー並のパワーを誇る。

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

心臓部は、排気量を2.6から2.8リッターにアップした「RB26DETT改Z2」で、ベース比プラス220ps増の500ps(!)を発生する。
加えて、強靭なボディをつくるためのスポット溶接や、SACHS社製のスペシャルチューンドサスペンション、ブレンボ社と共同開発した、目標性能を1.6Gとして開発したブレーキシステム、カーボンパーツなど、様々な個所に手を加えたハイパフォーマンスカーなのだ。

20台という希少性もさることながら、コンプリートカーのお値段、1774.5万円というのもスペシャル。聞くところによると、3台が既に販売され、5台が商談中とか。海外からの問い合わせが多いというのが、カルトなモデルらしい。

(webCG 有吉)


ステージ中央には、2004年、全日本GT選手権のGT500クラスデビュー年にはやくもチャンピオンに輝いた「Xanavi NISMO Z」が飾られていた。さらに35周年記念車やNISIMOの「S-tune GT」などを含め、日産ブース以外にも「フェアレディZ」は数多く出展されていた。

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

NISMO「GT-R Z-tune」:
http://www.nismo.co.jp/Z-tune/

関連キーワード:
フェアレディZ日産東京オートサロン2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る