【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

前身「エキサイティングカーショー」から数えて23回目を迎えた「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日に開幕。日産自動車は、広いブースにカスタマイズカーをズラリと並べていたが、主役と思しき「フェアレディZ」の横に鎮座した“スーパーマシン”が異様な存在感を放っていた……。




【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

その名は、「スカイラインGT-R Z-tune Z2」。「R34型」のGT-RをNISMOがフルチューンした「究極のロードゴーイングカー」(プレス資料)で、2004年12月に、20台限定で販売された。

新車はないため、ベースは、NISMOが厳選した走行距離3万km以下のアプルーブドカーでグレードは「V-spec」(6MT)。ボディの状態などの諸条件をクリアした車両は、改造するパーツ部分を一度分解し、ボディ補強などの作業を行った後に塗装、再度組み上げられるという。すべては熟練メカニックによるハンドメイドとか。


Z-tune専用のECM/鋳造ピストン/カムシャフト/エンジンブロックなどで強心臓に仕立て上げた「RB26DETT改Z2」。500psとレーシングカー並のパワーを誇る。

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

心臓部は、排気量を2.6から2.8リッターにアップした「RB26DETT改Z2」で、ベース比プラス220ps増の500ps(!)を発生する。
加えて、強靭なボディをつくるためのスポット溶接や、SACHS社製のスペシャルチューンドサスペンション、ブレンボ社と共同開発した、目標性能を1.6Gとして開発したブレーキシステム、カーボンパーツなど、様々な個所に手を加えたハイパフォーマンスカーなのだ。

20台という希少性もさることながら、コンプリートカーのお値段、1774.5万円というのもスペシャル。聞くところによると、3台が既に販売され、5台が商談中とか。海外からの問い合わせが多いというのが、カルトなモデルらしい。

(webCG 有吉)


ステージ中央には、2004年、全日本GT選手権のGT500クラスデビュー年にはやくもチャンピオンに輝いた「Xanavi NISMO Z」が飾られていた。さらに35周年記念車やNISIMOの「S-tune GT」などを含め、日産ブース以外にも「フェアレディZ」は数多く出展されていた。

【東京オートサロン2005】日産「Zにゃ主役の座は渡せん!?」

NISMO「GT-R Z-tune」:
http://www.nismo.co.jp/Z-tune/

関連記事
  • 日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実 2016.8.9 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更。「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を、「バージョンST」「NISMO」には上記に加え「BOSEサウンドシステム」「アクティブ・サウンド・コントロール」などを標準装備とした。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る