【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

新年恒例、チューニングカーやドレスアップカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。
スズキは、世界戦略車として開発したニューコンパクト「スイフト」のJWRCマシン「スイフトスーパー1600」をはじめ、エアロパーツなどを付与したスポーティなカスタムカーを展示。お得意の軽自動車では、「ワゴンR」「アルト」「ラパン」をドレスアップした市販モデル「カスタマイズエディション」などを披露した。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

■期待のニューマシン&カスタム軽

世界ラリー選手権(WRC)のサブカテゴリー、ジュニアWRCを戦う新しいマシンが「スイフトスーパー1600」。新プラットフォームを採用した、ニュー「スイフト」ベースのラリーマシンで、2005年後半にJWRCへの参戦が予定される。

ボディサイズは、「イグニス」(つまり先代スイフトの欧州版)と較べて短く広い、全長×全幅×全高=3695(−75)×1805(+21)×1456mm(全高はターマック向けの値)。トレッドが拡大され、フロントが36mm、リアは71mm広くなった。ホイールベースは30mm長い2390mmだ。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

エンジンは先代と同じ、218ps/8750rpm以上、19.0kgm/7250rpm以上のアウトプットを誇る、1.6リッター直4DOHC16バルブ。6段シーケンシャルトランスミッションを介して前輪を駆動する。

スズキの参戦3年目となる2004年のJWRCで、イグニススーパー1600に乗るパー−ガンナー・アンダーソンが、ドライバーズタイトルを獲得した。ニューマシンの活躍が期待される。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

一方、スズキが得意とする軽自動車では、「ワゴンR」「アルト」「アルトラパン」をモディファイした市販車「カスタマイズエディション」がブースに並んだ。

写真は、アルトラパンのクラシカルなデザインを活かし、新しいクラシックスタイルを演出したという「ラパン・ジアラ」。このほかに参考出品として、スポーティな「アルト・ ダムドスタイリングエフェクト」などを見ることができた。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

関連キーワード:
スイフトスズキ東京オートサロン2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る