【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

新年恒例、チューニングカーやドレスアップカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。
スズキは、世界戦略車として開発したニューコンパクト「スイフト」のJWRCマシン「スイフトスーパー1600」をはじめ、エアロパーツなどを付与したスポーティなカスタムカーを展示。お得意の軽自動車では、「ワゴンR」「アルト」「ラパン」をドレスアップした市販モデル「カスタマイズエディション」などを披露した。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

■期待のニューマシン&カスタム軽

世界ラリー選手権(WRC)のサブカテゴリー、ジュニアWRCを戦う新しいマシンが「スイフトスーパー1600」。新プラットフォームを採用した、ニュー「スイフト」ベースのラリーマシンで、2005年後半にJWRCへの参戦が予定される。

ボディサイズは、「イグニス」(つまり先代スイフトの欧州版)と較べて短く広い、全長×全幅×全高=3695(−75)×1805(+21)×1456mm(全高はターマック向けの値)。トレッドが拡大され、フロントが36mm、リアは71mm広くなった。ホイールベースは30mm長い2390mmだ。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

エンジンは先代と同じ、218ps/8750rpm以上、19.0kgm/7250rpm以上のアウトプットを誇る、1.6リッター直4DOHC16バルブ。6段シーケンシャルトランスミッションを介して前輪を駆動する。

スズキの参戦3年目となる2004年のJWRCで、イグニススーパー1600に乗るパー−ガンナー・アンダーソンが、ドライバーズタイトルを獲得した。ニューマシンの活躍が期待される。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

一方、スズキが得意とする軽自動車では、「ワゴンR」「アルト」「アルトラパン」をモディファイした市販車「カスタマイズエディション」がブースに並んだ。

写真は、アルトラパンのクラシカルなデザインを活かし、新しいクラシックスタイルを演出したという「ラパン・ジアラ」。このほかに参考出品として、スポーティな「アルト・ ダムドスタイリングエフェクト」などを見ることができた。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る