【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

新年恒例、チューニングカーやドレスアップカーの祭典「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日、千葉県は幕張メッセで開幕した。
スズキは、世界戦略車として開発したニューコンパクト「スイフト」のJWRCマシン「スイフトスーパー1600」をはじめ、エアロパーツなどを付与したスポーティなカスタムカーを展示。お得意の軽自動車では、「ワゴンR」「アルト」「ラパン」をドレスアップした市販モデル「カスタマイズエディション」などを披露した。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

■期待のニューマシン&カスタム軽

世界ラリー選手権(WRC)のサブカテゴリー、ジュニアWRCを戦う新しいマシンが「スイフトスーパー1600」。新プラットフォームを採用した、ニュー「スイフト」ベースのラリーマシンで、2005年後半にJWRCへの参戦が予定される。

ボディサイズは、「イグニス」(つまり先代スイフトの欧州版)と較べて短く広い、全長×全幅×全高=3695(−75)×1805(+21)×1456mm(全高はターマック向けの値)。トレッドが拡大され、フロントが36mm、リアは71mm広くなった。ホイールベースは30mm長い2390mmだ。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

エンジンは先代と同じ、218ps/8750rpm以上、19.0kgm/7250rpm以上のアウトプットを誇る、1.6リッター直4DOHC16バルブ。6段シーケンシャルトランスミッションを介して前輪を駆動する。

スズキの参戦3年目となる2004年のJWRCで、イグニススーパー1600に乗るパー−ガンナー・アンダーソンが、ドライバーズタイトルを獲得した。ニューマシンの活躍が期待される。




【東京オートサロン2005】JWRCを戦うニューマシン「スズキ・スイフトスーパー1600」

一方、スズキが得意とする軽自動車では、「ワゴンR」「アルト」「アルトラパン」をモディファイした市販車「カスタマイズエディション」がブースに並んだ。

写真は、アルトラパンのクラシカルなデザインを活かし、新しいクラシックスタイルを演出したという「ラパン・ジアラ」。このほかに参考出品として、スポーティな「アルト・ ダムドスタイリングエフェクト」などを見ることができた。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場 2017.7.12 自動車ニュース スズキがコンパクトカー「スイフト」にフルハイブリッドモデルを設定。シングルクラッチ式ATに駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のシステムで、1.2リッターエンジンとの組み合わせにより、32.0km/リッターの燃費を実現している。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る