新シート機構で日本車に対抗(!?)「クライスラー・グランドボイジャー」

2005.01.14 自動車ニュース
 

新シート機構で日本車に対抗(!?)「クライスラー・グランドボイジャー」

ダイムラークライスラー日本は、「クライスラー・グランドボイジャーリミテッド」の2WDモデルに、2、3列目シートを床下に収納してフラットフロアをつくりだせる、新しいシートアレンジ機構「Stow'n Go」を採用。2005年1月12日に発売した。価格は15万7500円アップとなる、460万9500円。



 

「Stow'n Go」は、2、3列目シートを折り畳み、床下へ完全収納できるシステムのこと。シート使用時は、シートが格納される場所が340リッターのモノ入れに、格納すればフロアは完全フラットになり、最大4550リッターものスペースをつくりだすことができる。ヘッドレストをはずす必要がないなど、シートアレンジも簡単だという。

Stow'n Goを採用するため、ボイジャーシリーズには大がかりな変更が施された。シートは新開発。床下にシートを格納するため、アンダーボディ、燃料タンクとエグゾーストシステム、リアサスペンションなどの設計を変更した。床下スペースには車両ノイズを低減する「クワイエット・スチール」を使い、静粛性は従来より高まったと謳われる。

これ加えて、2005年モデルのボイジャーシリーズは、バック時に後方視界をモニターに映し出す「リアパークアシストシステム」と、可動/脱着式ケースを備えた「オーバーヘッドレールシステム」が、新たに装備された。

(webCGオオサワ)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2008.6.24 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)
    ……546.0万円

    2007年の東京モーターショーで日本初披露された「クライスラー・グランドボイジャー」。7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした、アメリカ生まれの3列シート7人乗りミニバンを試す。
  • クライスラー・ボイジャーLXプレミアム(4AT)【ブリーフテスト】 2004.10.9 試乗記 ……390.6万円
    総合評価……★★★

    FFプラットフォーム、乗用車と同じサスペンションなどを採用した“元祖ミニバン”「クライスラー・ボイジャー」。本革シートなどを奢った上級「LXプレミアム」に、自動車ジャーナリストの生方聡が乗った。


  • グランドボイジャー 2010年モデル発売 2010.6.24 自動車ニュース クライスラー日本は、2010年モデルの「グランドボイジャー」を2010年6月26日に発売する。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
ホームへ戻る