【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

前身「エキサイティングカーショー」から数えて23回目を迎えた「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日に開幕。マツダの目玉は、日本初公開、同社のトップモデルとなるハイパフォーマンスセダン「マツダスピード・アテンザ」だ。


最高出力272ps/5500rpm、最大トルク38.7kgm/3000rpmを目標値に掲げる新型2.3リッター直噴ガソリンターボエンジン。

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

2004年9月のパリモーターショーで披露された「Mazda6 MPS」、その日本仕様「マツダスピード・アテンザ」が参考出品された。
「Sophisticated High-Performance」をテーマに開発されたマツダの“トップパフォーマンスセダン”は、まるでサメのようなシャープで迫力あるマスクを付けて、ステージに2台並んでいた。

「アテンザ」(海外名「Mazda6」)をベースに、272ps(目標値)を発生する新開発の2.3リッター直噴ガソリンターボエンジン「MZR 2.3 DISI TURBO」、電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステム、6段マニュアルトランスミッションなどを採用。サスペンションは前ダブルウィッシュボーン式、後マルチリンク式で、18インチアルミホイールを履く。


昨2004年11月の東京モーターショー(商用車)で一足先に発表された新型「プレマシー」のカスタマイズカーは5台展示された。

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

「日常生活において求められる快適性や経済性とともに、ドライビングプレジャーを提供するためのパフォーマンス性能を高次元でバランスさせた、マツダ究極の“Zoom-Zoom”セダン」、リリースが待たれる。

(webCG 有吉)


変わりモノの参考出品車「RX-8ドラッグレーサー・イバーラ」。北米で人気の「NHRA SUMMIT SPORT COMPACT DRAG RACING」に参戦する「RX-8」ベースのドラッグレーサーだ。3ローターのエンジンは1500ps(!)、世界最速のロータリーエンジンカーという。

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る