【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

2005.01.14 自動車ニュース
【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

前身「エキサイティングカーショー」から数えて23回目を迎えた「東京オートサロン2005 with NAPAC」が、2005年1月14日に開幕。マツダの目玉は、日本初公開、同社のトップモデルとなるハイパフォーマンスセダン「マツダスピード・アテンザ」だ。


最高出力272ps/5500rpm、最大トルク38.7kgm/3000rpmを目標値に掲げる新型2.3リッター直噴ガソリンターボエンジン。

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

2004年9月のパリモーターショーで披露された「Mazda6 MPS」、その日本仕様「マツダスピード・アテンザ」が参考出品された。
「Sophisticated High-Performance」をテーマに開発されたマツダの“トップパフォーマンスセダン”は、まるでサメのようなシャープで迫力あるマスクを付けて、ステージに2台並んでいた。

「アテンザ」(海外名「Mazda6」)をベースに、272ps(目標値)を発生する新開発の2.3リッター直噴ガソリンターボエンジン「MZR 2.3 DISI TURBO」、電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステム、6段マニュアルトランスミッションなどを採用。サスペンションは前ダブルウィッシュボーン式、後マルチリンク式で、18インチアルミホイールを履く。


昨2004年11月の東京モーターショー(商用車)で一足先に発表された新型「プレマシー」のカスタマイズカーは5台展示された。

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

「日常生活において求められる快適性や経済性とともに、ドライビングプレジャーを提供するためのパフォーマンス性能を高次元でバランスさせた、マツダ究極の“Zoom-Zoom”セダン」、リリースが待たれる。

(webCG 有吉)


変わりモノの参考出品車「RX-8ドラッグレーサー・イバーラ」。北米で人気の「NHRA SUMMIT SPORT COMPACT DRAG RACING」に参戦する「RX-8」ベースのドラッグレーサーだ。3ローターのエンジンは1500ps(!)、世界最速のロータリーエンジンカーという。

【東京オートサロン2005】マツダのトップ「マツダスピード・アテンザ」は迫力の顔

関連キーワード:
アテンザセダンマツダ東京オートサロン2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
ホームへ戻る