【デトロイトショー2005】フォードからは、世界初のPZEVディーゼルハイブリッド

2005.01.12 自動車ニュース
【デトロイトショー2005】フォードからは、世界初のPZEVディーゼルハイブリッド

【デトロイトショー2005】フォードからは、世界初のPZEVディーゼルハイブリッド

年初恒例のデトロイトショー(NAIAS=North American International Auto Show)が、2005年1月9日に開幕。フォードからは、マーキュリーブランドのコンセプトカー「メタワン」をピックアップしたい。




【デトロイトショー2005】フォードからは、世界初のPZEVディーゼルハイブリッド

「マーキュリー・メタワン」は、車内に3列シートを配したクロスオーバービークルのコンセプト。デザインもさることながら、先進の安全性能と環境性能をアピールポイントとする。

まずセーフティ面では、「レーン・デパーチャー・ウォーニング」を装備している。ウィンドシールド後ろにマウントされたカメラが走行レーンを認識。ターンシグナル(つまりウィンカー)なしでレーンを逸脱しそうになったとき、視覚的、聴覚的、触覚的にドライバーに注意を促すというものだ。右にはずれそうな場合は運転席右側が、左の場合はシート左側が振動する。


メタワンのディーゼルユニット。世界初のPZEVという。

【デトロイトショー2005】フォードからは、世界初のPZEVディーゼルハイブリッド

加えて、カメラとレーダー、コンピューターが衝突を予測、ドライバーがブレーキペダルを踏まなかった場合に車両側が自動的にブレーキをかける「CMbB(Collision Mitigation By Braking)」も搭載される。

環境面のトピックは、フォードが世界初を謳う「PZEV」ディーゼルハイブリッド技術。PZEV=Partial Zero Emission Vehicle、つまり部分的に公害物質を排出しない車両のことだ。
V6ツインターボのディーゼルユニットに電気モーターとモジュラー化されたトランスミッションを組み合わせ、現行のガソリンV10ユニット並のトルクと、それよりよい燃費を記録するという。

(webCG 有吉)




【デトロイトショー2005】フォードからは、世界初のPZEVディーゼルハイブリッド

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。