日産「ティーダ」と「ティーダラティオ」に1.8リッターモデル追加

2005.01.12 自動車ニュース
 

日産「ティーダ」と「ティーダラティオ」に1.8リッターモデル追加

日産自動車は、コンパクトカー「ティーダ」と「ティーダラティオ」に1.8リッターモデル「18G」を追加設定。2005年1月11日に発売した。

 

シリーズのトップグレードに位置付けられる「18G」は、「MR18DE」型の1.8リッター直列4気筒を搭載。1.5リッター比で19psと2.8kgm増の、128ps/5200rpmの最高出力と、17.9kgm/4800rpmの最大トルクを発生する。
トランスミッションはCVT、駆動方式はFFのみだ。

1.8リッターモデル全車に、運転席パワーシートを標準装備。ハッチバックのティーダは、ステアリングホイールの舵角にあわせて照射角を変える「アクティブAFS」付きプロジェクターキセノンヘッドランプが備わる。セダンのティーダラティオは、ウエストメッキモールを標準装備し、エクステリアの高級感をアップした。
価格は、ティーダ、ティーダラティオとも184.8万円となる。

(webCGオオサワ)

 


日産自動車「ティーダ」:
http://www2.nissan.co.jp/TIIDA/top.html
同「ティーダラティオ」:
http://www2.nissan.co.jp/LATIO/top.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る