日産「ティーダ」と「ティーダラティオ」に1.8リッターモデル追加

2005.01.12 自動車ニュース
 

日産「ティーダ」と「ティーダラティオ」に1.8リッターモデル追加

日産自動車は、コンパクトカー「ティーダ」と「ティーダラティオ」に1.8リッターモデル「18G」を追加設定。2005年1月11日に発売した。

 

シリーズのトップグレードに位置付けられる「18G」は、「MR18DE」型の1.8リッター直列4気筒を搭載。1.5リッター比で19psと2.8kgm増の、128ps/5200rpmの最高出力と、17.9kgm/4800rpmの最大トルクを発生する。
トランスミッションはCVT、駆動方式はFFのみだ。

1.8リッターモデル全車に、運転席パワーシートを標準装備。ハッチバックのティーダは、ステアリングホイールの舵角にあわせて照射角を変える「アクティブAFS」付きプロジェクターキセノンヘッドランプが備わる。セダンのティーダラティオは、ウエストメッキモールを標準装備し、エクステリアの高級感をアップした。
価格は、ティーダ、ティーダラティオとも184.8万円となる。

(webCGオオサワ)

 


日産自動車「ティーダ」:
http://www2.nissan.co.jp/TIIDA/top.html
同「ティーダラティオ」:
http://www2.nissan.co.jp/LATIO/top.html

関連キーワード:
ティーダティーダラティオ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • 「日産ノート」が仕様変更、先進安全装備を強化 2017.9.1 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月1日、コンパクトカー「ノート」に一部仕様変更を実施し、販売を開始した。今回の変更では、先進安全装備を強化するとともに、新グレード「ブラックアロー」を追加設定した。
ホームへ戻る