【デトロイトショー2005】日産はスポーティ&ラクシャリー

2005.01.12 自動車ニュース
【デトロイトショー2005】日産はスポーティ&ラクシャリー

【デトロイトショー2005】日産はスポーティ&ラクシャリー

年初恒例のデトロイトショー(NAIAS=North American International Auto Show)が、2005年1月9日に開幕。日産自動車は、スポーティクーペのコンセプト「アズィール」を出展。高級ブランドのインフィニティからは、SUVのコンセプト「クラーザ」と、「フーガ」の北米版たる新しい「M」シリーズを発表した。


【写真上】「インフィニティM」
【写真下】「インフィニティ・クラーザ・コンセプト」

【デトロイトショー2005】日産はスポーティ&ラクシャリー

■北米版「フーガ」

日産の高級ブランド、インフィニティの目玉は、2005年春に発売予定の新しい「M」モデル。「フーガ」の北米版と思しき高級スポーティセダンは、3.5リッターV6(280ps)搭載の「M35」と、4.5リッターV8(335ps)を積む「M45」の2種類が用意される。トランスミッションは、いずれもマニュアルシフトモード付きの5段ATで、M35にはFRに加え4WDも設定する。

先進技術として、リアアクスルを微量操舵する「リアアクティブステアシステム」や、レーンを逸脱すると警告する「Lane Departure Warning」(LDW)などが備わる。

価格は、M35が3万9900ドル(約415万円)から、M45は4万6750ドル(約486万円)から。「フーガ350GT」(420.0万円)と較べると、日米の価格差は大きくない。ということは、今年フーガに追加されるというV8モデルは……。


クラーザのインテリア

【デトロイトショー2005】日産はスポーティ&ラクシャリー

■次世代SUVのインテリアコンセプト

インフィニのコンセプト「クラーザ」は、すべての乗員に同じ快適性やアメニティをもたらすという、次世代SUVのインテリアコンセプト。日本の伝統的なデザイン手法に、本革や天然木、アルミニウムなどの自然素材と先進技術を組み合わせ、極めて贅沢なインテリアを創出したと謳う。

2、3列目シートは、後席ドアを観音開きにしてアクセスに配慮。大きなウィンドウや3つの独立したグラスルーフが開放感を提供する。中央を走るセンターコンソールは、一部が可動式で、左右のアクセスが可能だ。


「アズィール」。エンジンは2.5リッターターボ、トランスミッションは6段MTとスポーティな構成。「シルビア復活」ともウワサされるが、駆動方式はFFである。

【デトロイトショー2005】日産はスポーティ&ラクシャリー

■2+2クーペのエントリーモデル

日産ディビジョンからは、エントリーレベルの若いユーザーに向けたスポーティクーペ・コンセプト「アズィール」。ミシガン州はファーミントンヒルズにある、日産デザインアメリカスタジオが手がけた、初のコンセプトモデルである。
ワイドフェンダー、ショートオーバーハング、シャープなエッジを持つエクステリアで、「エントリーレベルに見えないデザイン」を目指したという。

インテリアは、スポーティカーにお定まりのダークトーンではなく、「Wasabi」と呼ばれる、明るい黄緑色のシート表皮を採用。ダーク&メタリックなインストルメントパネルと、コントラストを織りなすという。
2+2のシートレイアウトながら、リアシートをフォールディングすればスキー板を積むことができるなど、使い勝手にも配慮。MP3プレイヤーなどを車載できるように、音声外部入力端子を備えるなど、ターゲットユーザーの趣向に合わせた機能を盛り込んだ。

(webCGオオサワ)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。