【デトロイトショー2005】メルセデスベンツの新型「Mクラス」デビュー

2005.01.11 自動車ニュース

【デトロイトショー2005】メルセデスベンツの新型「Mクラス」デビュー

年初恒例のデトロイトショー(NAIAS=North American International Auto Show)が、2005年1月9日に開幕。ダイムラークライスラーは、メルセデスベンツのSUV「Mクラス」の新型を正式に発表した。

世界最大の自動車市場、アメリカを睨んで開発された「メルセデスベンツMクラス」。アラバマにある、ドイツ以外に建設された初のメルセデス工場で1997年からつくられ、以来当地で57万台がラインオフしたという(オーストリアにある欧州向けの工場とあわせれば62万台強)。
2代目は、近年あらわれた、「BMW X5」や「ポルシェ・カイエン」といったライバルに対抗すべく一新され、2006年春にアメリカ、同年夏にヨーロッパへ投入することが予定されている。

ボディは大型化の道を辿り、150mm長く(4780mm)、71mm幅広く(1911)、5mm低められた(ルーフレール付きで1815mm)。ホイールベースは95mm増の2915mmである。

ローンチ当初はディーゼル2種類、ガソリン1種類のV6エンジン3基を投入。7段AT「7G-トロニック」やフルタイム4WD「4-ETS」、エアサスペンション「AIRMATIC」、事故直前に前席シートベルトを巻き上げるなどしダメージ軽減を図る「PRE-SAFE」と呼ばれる安全装備などを盛り込む。

高級車レベルのクオリティ、スペースを謳う車内には、オートマチッククライメイトコントロール「サーモトロニック」や、駐車時に障害物を知らせる「パークトロニック」などを採用。最大長2.1mというラゲッジスペースは、2050リッターまで拡大可能という。

(webCG 有吉)

メルセデスベンツ「Mクラス」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/showroom/passenger/m_class/main.html

【デトロイトショー2005】メルセデスベンツの新型「Mクラス」デビューの画像



【デトロイトショー2005】メルセデスベンツの新型「Mクラス」デビューの画像

コモンレール式直噴ディーゼルユニットは、224psと190psの2種類。100km走行で9.4リッターしか燃料を燃やさないと、高い環境性能がアピールされる。

コモンレール式直噴ディーゼルユニットは、224psと190psの2種類。100km走行で9.4リッターしか燃料を燃やさないと、高い環境性能がアピールされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る