1000万円強のトヨタ車「センチュリー」一部改良

2005.01.07 自動車ニュース
 

1000万円強のトヨタ車「センチュリー」一部改良

トヨタ自動車は、同社の最高級車である「センチュリー」を一部改良し、2005年1月6日に発売した。環境、安全、快適性の向上が図られた。

 

排出ガスをよりクリーン化し、国土交通省の低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」と「平成22年度燃費基準」をクリアした。
安全面においては、ボディ構造を見直して側面衝突への対応を強化したのに加え、前後席SRSカーテンシールドエアバッグ、後席用プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルトを追加設定した。

さらに、後左右席に、シート表面から冷風を吹き出し、快適性を高める「コンフォータブル・エアシート」を採用。後席からも操作可能なG-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きデュアル(前後)EMV、DVDプレーヤー(5.1ch対応)、12スピーカーを標準装備した。ボディカラーに「精華」(レイディエントシルバーメタリック)を設定したことも新しい。

5リッターV12エンジンと6段ATという組み合わせは変わらず。価格は、フロア/コラム両シフトとも、1113.0万円となる。

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「センチュリー」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Century/

関連キーワード:
センチュリートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT... 2017.11.24 試乗記
  • トヨタ・プレミオ2.0G(CVT)【ブリーフテスト】 2002.3.15 試乗記