1000万円強のトヨタ車「センチュリー」一部改良

2005.01.07 自動車ニュース
 

1000万円強のトヨタ車「センチュリー」一部改良

トヨタ自動車は、同社の最高級車である「センチュリー」を一部改良し、2005年1月6日に発売した。環境、安全、快適性の向上が図られた。

 

排出ガスをよりクリーン化し、国土交通省の低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」と「平成22年度燃費基準」をクリアした。
安全面においては、ボディ構造を見直して側面衝突への対応を強化したのに加え、前後席SRSカーテンシールドエアバッグ、後席用プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルトを追加設定した。

さらに、後左右席に、シート表面から冷風を吹き出し、快適性を高める「コンフォータブル・エアシート」を採用。後席からも操作可能なG-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きデュアル(前後)EMV、DVDプレーヤー(5.1ch対応)、12スピーカーを標準装備した。ボディカラーに「精華」(レイディエントシルバーメタリック)を設定したことも新しい。

5リッターV12エンジンと6段ATという組み合わせは変わらず。価格は、フロア/コラム両シフトとも、1113.0万円となる。

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「センチュリー」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Century/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る