【スペック】全長×全幅×全高=4415×1740×1410mm/ホイールベース=2540mm/車重=1445kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(320ps/6400rpm、43.0kgm/4400rpm)/価格=460万9500円(テスト車=474万4215円/MD/CDレシーバー=9万4500円/6スピーカーセット=4万215円)

スバル・インプレッサS203(6MT)【試乗記】

まだ見えぬプレミアム 2004.12.29 試乗記 スバル・インプレッサS203(6MT)……474万4215円STiの手になるインプレッサのコンプリートカー「S203」。ワークスチューンで最高出力320psを誇るそれは、従来のスポーティ一辺倒ではなく、プレミアム路線を目指してつくられたという。『webCG』記者のリポート。

インプレッサがプレミアム?

「インプレッサS203」は、「インプレッサWRX STi」をスバルワークスたるSTiがチューニングしたコンプリートカー「Sシリーズ」の最新モデルだ。最高出力320ps/6400rpm、最大トルク43.0kgm/4400rpmという、日本車ばなれしたスペックを誇り、価格は460万9500円。555台の限定販売である。
数値を見ると、2002年に400台限定で販売した「インプレッサS202 STi version」(320ps、39.2kgm)に近いが、しかし、スポーツ一辺倒のクルマではない。高性能であることに加え、見て乗って味わえる高い質感などの“プレミアム”を付与した「グローバルスポーツセダン」というのがSTiの主張である。

いきなりプレミアムとかグローバルスポーツといわれても、元がインプレッサだけにピンとこないのが正直なトコロ。スペックから想像される化け物じみた速さと、上質感を両立できるのか疑問だったが、乗ってみて「ナルホド」と思わせるプレミアムが与えられていた。

実のあるモディファイ

エクステリアの変更はすくなく、高速性能に配慮してフロントアンダースポイラーやリアスポイラー(2段調節式)を装着するのみ。ニブく光る鍛造ホイールに組み合わされるのは、ノーマルより一回り大きい、235/40ZR18インチのピレリ「P ZERO CORSA」である。見た目は地味だが、エアロパーツは軽量&高剛性のドライカーボン製で、フロントゼロリフトを実現。ホイールとタイヤは、ノーマルに比べて1本あたり約1.5kg軽いなど、実のあるモディファイが行われた。

グレートーンの落ち着いたインテリアで目を引くのは、レカロと共同開発したバケットシート。座面と背面にドライカーボン製シェルを採用したバケットシートに、ダイヤル式のリクライニング機構を与えたものである。シェルはモータースポーツ用というだけあってホールド性は高く、おしりと背中にヒタっとフィットして接触面で体を支えてくれ、疲れ知らずで座り心地はよい。ショルダーの張り出しが大きく乗り降りに不便だし、一部カーボン剥きだしの見た目はやや無骨だが、機能的にはドライバーズカーのシートとして最高位にあると思った。ちなみに、レカロ社はインプレッサ専用品として、シート単体を55脚限定で発売。価格は55.5万円である。

足もエンジンも別モノ

走り出すと、スペックに表れないS203のプレミアムが理解できる。まずエンジンが別モノだ。吸排気系やECUの変更に加え、軸受けにボールベアリングをもつ大径ターボチャージャーを採用。低回転からトルクが滑らかに立ち上がり、パワーが衰えることなく8000rpmまであっという間に吹けあがる様は、まるで4リッター級の多気筒エンジン。絶対的な速さはいうまでもないが、たとえば暴力的なspec.Cの加速感とは一線を画す。

乗り心地もイイ。スプリングは強化品、ダンパーに「タイプRA」と同タイプの、減衰力4段可変式のストラットを装着するが、足がしなやかに動くダンピング設定により突き上げに鋭さはなく、ボディはフラットに保たれる。車重が重いせいか、軽量なspec.Cのように波状路でユサユサ揺すぶられることもない。
まさにオンザレールのハンドリングにも驚く。リアスタビライザー径を拡大して回頭性を上げたS203は、ステアリングホイールの動きにピッタリ反応。しかし、安定感を失うことがない。ノーマルのインプレッサはアンダーステア傾向である一方、前後の荷重移動に敏感で、特に高速域でちょっと緊張するが、S203は安心して曲がりを楽しめた。

まぁ、いろいろ書きつらねたけれど、S203のプレミアムは、運転時の感覚に依存する傾向が強く、文字でお伝えするのはムズカシイ。STiは、試乗車で全国のディーラーを行脚するそうなので、機会があったら是非乗っていただきたい。S203には、乗ってはじめてわかるプレミアムがあると思う。

(文=webCGオオサワ/写真=峰昌宏/2004年12月)



足まわりに、STiのベストセッティングはひとつ。減衰力4段可変式ダンパーは、走る条件や、ドライバーの好みに合わせて微調整するためだという。

名前だけのOEM品ではない、レカロのカタログラインナップにも載るバケットシート。2005年に欧州のある自動車メーカーがニューモデルに採用する、とのウワサがある。

ブレーキローターの熱変形を抑えるため、アウターベンチ式ローターを開発。制動力やコントロール性は、これまでと同様に高い。タイヤは排水性を考慮して、トレッド中央に従来にはない溝を掘った専用品。こちらも、ピレリの商品ラインナップに加わるとか。

エンジンは、手作業でピストンやコンロッドの重量を測定。クランクシャフトのバランス調整を行ったうえ、量産車と別ラインで組み立てられる。まるでレースカーだ。



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る