【Movie】「すべてが大きくていいのか?」――新型軽「スバルR1」の主張

2004.12.29 自動車ニュース
 
【Movie】「すべてが大きくていいのか?」――新型軽「スバルR1」の主張

【Movie】「すべてが大きくていいのか?」――新型軽「スバルR1」の主張

富士重工業が2004年12月24日に発表した新型軽「スバルR1」。その発表会の模様を動画でお伝えする。


富士重工業株式会社の竹中恭二代表取締役社長
 
【Movie】「すべてが大きくていいのか?」――新型軽「スバルR1」の主張

【スバルの存在意義を示すモデル】
「“大きいクルマ=良い・小さいクルマ=安い”などの価値観を超えるクルマがあってもいいのではないか」と熱弁をふるうのは、富士重工業の竹中恭二社長。その新しい価値観とはどんなものなのか? 新テレビCMとあわせてどうぞ。



 
【Movie】「すべてが大きくていいのか?」――新型軽「スバルR1」の主張

【多機能に使えるコンパクトなリアシート】
発表会場に展示されていた小さなR1に、カメラが迫る!


(撮影/編集=カネヨシ)



 
【Movie】「すべてが大きくていいのか?」――新型軽「スバルR1」の主張

【関連リンク】
2+2のパーソナル軽「スバルR1」デビュー!(2004/12/24):
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016143.html

「スバルR1」:
http://www.subaru.co.jp/r1/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】 2003.12.19 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    四角いハイトワゴン系「プレオ」転じて、ヒコーキメーカーの流れを強調したデザインを内外に採用した、ワンモーションフォルムの「R2」に。新しいスバルの軽自動車はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキがプレス試乗会に参加した。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


ホームへ戻る