「スバル・インプレッサ」にWRカールック&装備充実の特別仕様車

2004.12.28 自動車ニュース
 

「スバル・インプレッサ」にWRカールック&装備充実の特別仕様車

富士重工業は、250psのボクサーターボを積む「スバル・インプレッサWRX」に特別仕様車「WRX 2004 V-Limited」を設定。また、インプレッサ1.5リッターモデルのワゴンとセダンには、メッキドアハンドルなどを付与して質感を高めた特別仕様車「15i Fパッケージ」を設定。いずれも、2004年12月24日に発売した。


「インプレッサWRX 2004 V-Limited」
 

■WRカーのイメージを

「インプレッサWRX 2004 V-Limited」は、2004年の世界ラリー選手権(WRC)第13戦「ラリー・サルジニア」において、スバル通算44勝目、日本メーカーとして最多勝を記録したことを記念した特別仕様車。ベース車は「STiバージョン」ではなく、ノーマル「WRX」のため、5MTに加え4AT仕様も用意される。

エクステリアは、ゴールド塗装のRAYS製鍛造17インチアルミホイールや、大型リアスポイラーなどのエアロパーツを装着。インテリアは、シート表皮にブルーのアルカンターラを使ったバケットシートや、アルミ製シフトノブなどを付与し、WRカーのイメージを強調した。
HIDヘッドランプ(ロービーム)やヒーテッドドアミラーなど、機能装備が与えられることもニュースだ。

価格は、5段MTが273万円、4段ATは287万7000円。2005年3月末までの期間限定販売となる。


「インプレッサ15i Fパッケージ」
 

■装備充実のFパッケージ

「インプレッサ15i Fパッケージ」は、セダンとワゴンの「15iリミテッド」をベースに、15インチアルミホイールやHIDロービームランプ、本革巻きハンドブレーキレバーなどを採用し、装備を充実させた仕様である。

セダン、ワゴンとも駆動方式はFFと4WDの2種類、それぞれに5MTと4ATを設定した。価格はセダン、ワゴン共通で、FF/5MTの139万9650円から、4WD/4ATの168万6300円まで。

(webCGオオサワ)

富士重工業「スバル・インプレッサ」:
http://www.subaru.co.jp/impreza/

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)【試乗記】 2018.1.10 試乗記 100%電気自動車の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。“Cセグメントのベンチマーク”とも評される「ゴルフ」は、電動化によっていかなるクルマへと変化したのか。約250kmの試乗を通じて得られた、リポーターの結論とは!?
ホームへ戻る