アルファードへの対抗策――「日産エルグランド」に2.5リッターV6追加

2004.12.24 自動車ニュース
 

アルファードへの対抗策――「日産エルグランド」に2.5リッターV6追加

日産自動車は、同社の最上級ミニバン「エルグランド」に、2.5リッターV6エンジンを搭載した新車種を追加設定、2004年12月22日に発売した。

 

240ps、36.0kgmを発生する3.5リッターV6「VQ35DE」エンジンのみだった「エルグランド」に、同じV6ながら排気量を2.5リッターとした「VQ25DE」ユニット(186ps/6000rpm、23.7kgm/3200rpm)が追加。「V6ならではの上質なエンジン音、静粛性」(プレスリリース)で、やや時期が遅れたが一番のライバル「トヨタ・アルファード」(3リッターV6&2.4リッター直4)に対抗する構えだ。
トランスミッションは、3.5リッター同様、5段オートマチックが組み合わされる。

同エンジン搭載車は、「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」認定を受けるとともに、4WD車は「平成22年度燃費基準+5%」を達成、グリーン税制の優遇措置を受けることができるという(なお2WD車はメーカーオプション装着により車両重量2020kg以上の場合にグリーン税制対象)。

さらに、3.5リッター車を含む全車に、DVDオーディオ&ビデオの再生が可能な5.1chサラウンド・カーシアターシステムをオプション設定した。

価格は、FRの280万3500円から、4WDの348万6000円まで。3.5リッターモデルは315万円から480万9000円まで。ちなみにアルファードは、278万2500円から449万4000円というプライスレンジだ。

なお、オーテックジャパンが手がける福祉車両「アンシャンテシリーズ」と「ライダー」「ライダーS」にも2.5リッター車が追加される。

(webCG 有吉)

 

日産自動車「エルグランド」:
http://www2.nissan.co.jp/ELGRAND/top.html

関連キーワード:
エルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
ホームへ戻る