お馴染みの“稲妻”登場――「レガシィB4ブリッツェン2005」発売

2004.12.24 自動車ニュース
お馴染みの“稲妻”登場――「レガシィB4ブリッツェン2005」発売

お馴染みの“稲妻”登場――「レガシィB4ブリッツェン2005」発売

富士重工業の車両カスタマイズ会社であるスバルカスタマイズ工房は、「スバル・レガシィB4」をベースとした販売期間限定車「Blitzen(ブリッツェン)2005モデル」を、2005年1月24日に発売する。

ドイツ語で「稲妻が輝く」という意味の名前を持つ「レガシィ・ブリッツェン」は、2000年2月に発売されて以来、毎年のようにリリースされてきたレガシィの限定車だ。

2005年モデルは、セダン「レガシィB4 2.0GT」をベースに、専用デザインのフロントバンパー、フロントグリル、リアバンパー、17インチアルミホイールなどでエクステリアをお化粧。歴代ブリッツェンで好評だったという専用ボディカラー「プレミアムレッド」が設定される。

一方インテリアには、ブリッツェンのロゴが入った、レッド&ブラックのツートーン色あるいはブラック単色のいずれかを選べる専用本革シートやドアトリムを採用。ピラートリム、ルーフトリムなどをブラックで統一し、上級感を高めた。

2005年3月までの期間限定販売で、価格はベース車の52万5000円高、339万1500円(5MT)と346万5000円(5AT)だ。

(webCG 有吉)

スバル「レガシィB4」:
http://www.subaru.co.jp/legacy/b4/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る