【スペック】全長×全幅×全高=4755×1795×1640mm/ホイールベース=2830mm/車重=1630kg/駆動方式=2WD/2.4リッター直4SOHC16バルブ(165ps/6000rpm、22.1kgm/4000rpm)/価格=260万4000円(テスト車=307万6500円/寒冷地仕様=3万1500円/DVD-MMCS=34万6500円/ACパワーサプライ=1万500円/サイド&カーテンSRSエアバッグシステム=8万4000円)

三菱グランディス スポーツ-E ROAR Edtion(4AT)【試乗記】

迷えるグランディス 2004.12.22 試乗記 三菱グランディス スポーツ-E ROAR Edition(4AT)……307万6500円三菱のミニバン「グランディス」にスポーティグレードが追加された。専用の17インチアルミホイールを履く「スポーツE」をさらにドレスアップした特別仕様の「ROAR Edition」に、『webCG』本諏訪裕幸が乗った。

「スポーティ」にクローズアップ

1983年に登場した「シャリオ」に祖を求めることができる「グランディス」は、2003年5月にデビュー。ダイムラー・クライスラーから派遣されたデザイナー、オリビエ・ブーレイ氏が手がけた、とされるスタイリッシュミニバンである。デビュー時のプレスリリースには「エモーショナルデザイン」「日本の美意識」「移ろいの美学」など、ビジュアルに関するコメントが多く、「スタイリッシュ」に力を入れたことを裏付ける。カラーとスタイルの組み合わせだけでも160種類という「カスタマーフリーチョイス」も用意し、デザインとパーソナライゼーションでライバルと差をつけようとした。発表会に参加したリポーターは、デザインについて熱く語るスタッフを何人も見かけたのを思い出す。

デビューからおよそ1年、2004年5月に追加設定されたスポーティグレード「スポーツ-E」に試乗した。グランディスには「スポーツ」と「エレガンス」と2つのグレードがあったのだが、走行性能に区別があるわけではなくデザインの違いだけだった。
追加された「スポーツ-E」は、グランディスのテーマ「スポーティ&エレガンス」から、スポーティ部分を際だたせたグレード。Eの文字はズバリ「EURO」からきている。サスペンションを欧州仕様と同一のものとし、アンチスピンデバイス「ASC」とトラクションコントロール「TCL」が設定されるなど、走行性能を高めたという。
試乗車は、さらにエアロパーツなどを装着した「ROAR Editon」。メッシュタイプのフロントグリル、大型テールゲートスポイラーを与えスポーティに演出したモデルだ。足もとには、専用の17インチアルミホイール、ローダウンサスペンション(15mmダウン)が奢られる。2WDのみで、価格は260万4000円。

「スポーティ」より「しっかり」

インテリアはこのグレード専用となるダーク系のカラーリング。質感に不満はあるが、インパネのデザインはエクステリアとマッチしていると思う。エンジンをかけ、走り出すと感じるのは車内の静粛性の高さ。街乗りレベルでは快適で、専用シートに座っての運転は、非常に居心地がいい。

気をよくして山道を走る。インフォメーションの少ないステアリングと、4500rpmぐらいからの少々耳障りなエンジン音がスポーティな気分を削ぐが、クルマの動きは非常に安定している。コーナーを抜けるときも、不安な動きを見せることは無かった。もともと走行性能が高いと感じていたグランディスだが、欧州仕様のサスペンションを得たことより、しっかり感が高まった。コーナーを早く抜けるというスポーティさではなく、少ない姿勢変化のために乗り心地が良くなったと言えよう。
車両の挙動を安定させる、ASCとTCLの性能を試すことはできなかったが、いくらスポーティグレードとはいえ、このシステムが介入するような場面はそうそうこないであろう。いざというときの、心のゆとりができるのはうれしいことだが。





名前の力

「おとうちゃん、がんばって!」の先代「シャリオグランディス」から「シャリオ」の名を取ったのも、テレビCMで根付いてしまった、「実用的」で「ファミリーユース」という味をクリアにしたかったのだ、ととらえていた。このクラスのミニバンにしてはめずらしく、明るい色をそろえた豊富なカラーラインナップ。スライドドアを使わず、凝ったプレスラインや流麗なフォルムは、デザイン優先のスタイリッシュミニバンが作りたかったことの現れだ。

ライバルと比べても、クルマとしての基本性能は劣っていない。走りに関していえばリードしている部分が多いと感じる。ただし、このクラスのミニバンユーザーが、その性能を第一と見るかは疑問が残る。タワーパーキングに入る「ホンダ・オデッセイ」、便利なスライドドアを持つ「日産プレサージュ」「トヨタ・エスティマ」などと対決するには、やはり「デザイン」を推していくべきなのではないだろうか。

グレード名というのは大切なモノだと思う。レストランで言えばメニューリストに相当するのではないだろうか。名前を見て中身を想像し、注文する。「スポーティ」ならそういう性能を期待するし、それに興味がない人は選ばない。
猫も杓子も「スポーティ」を謳うクルマ業界。初心貫徹。グランディスは迷わず、スタイリングをウリにがんばってほしい。とはいえ、「エレガント」って言うのも恥ずかしいけど。

(文=webCG 本諏訪/写真=中里慎一郎/2004年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランディスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)【試乗記】 2011.12.6 試乗記 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)
    ……203万7000円

    日産からOEM供給を受けて登場した、三菱の5ナンバーサイズミニバン「デリカD:3」。商用車ベースのミニバンに試乗し、あらためて気づいたこととは。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 三菱グランディス スポーツ-X 6人乗り(4WD)【試乗記】 2003.5.22 試乗記 三菱グランディス スポーツ-X 6人乗り(4WD)
    ……304.3万円

    群雄割拠のミニバン市場に現れた三菱「グランディス」。自動車ジャーナリストの森口将之は、ライバルとはちょっと違う個性の持ち主という。 その違いとは……。


  • 三菱グランディス エレガンス-X(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2003.8.12 試乗記 ……287.5万円
    総合評価……★★★★

    「世界のわがまま」をキャッチフレーズに、“スタイリッシュ”を狙った3列シートミニバン「グランディス」。三菱の経営再建計画「ターンアラウンド」の戦略モデルに、モータージャーナリストの生方聡が乗った。


ホームへ戻る