「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

2004.12.22 自動車ニュース
 

「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

三菱自動車は、軽自動車「eKワゴン」とその派生ラインナップ「eKスポーツ」「eKクラッシィ」「eKアクティブ」を一部改良。特別仕様車とともに2004年12月20日に発売した。

 

「eK」シリーズとして、内外装の質感向上や機能装備の充実などが行われたが、一番のトピックは、3/4段のATだけだった「eKワゴン」のトランスミッションに5段マニュアルが加わったこと。
バリエーションを広げるとともに、省燃費化が図られ、10・15モードで21.5km/リッター(2WD。4WDは19.8km/リッター)を実現。いずれも平成22年度燃費基準の+5%をクリアした。
加えて、2WD車で平成17年排出ガス規制75%低減レベル、4WD車では同50%低減レベルを達成し、グリーン税制に適合させた。

一方、特別仕様車「リミテッドエディション」は、「eKスポーツ」「eKアクティブ」に設定。2DINサイズのCD/MDオーディオを標準装着するなどした内容だ。

価格は、eKワゴンが90万3000円から119万9100円まで、eKスポーツは126万円から148万4700円まで、「eKクラッシィ」は119万4900円(2WD)と131万4600円(4WD)、eKアクティブは117万6000円から154万7700円まで。

(webCG 有吉)

 

三菱自動車「eKシリーズ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る