「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

2004.12.22 自動車ニュース
 

「三菱eKシリーズ」改良、マニュアル車が追加

三菱自動車は、軽自動車「eKワゴン」とその派生ラインナップ「eKスポーツ」「eKクラッシィ」「eKアクティブ」を一部改良。特別仕様車とともに2004年12月20日に発売した。

 

「eK」シリーズとして、内外装の質感向上や機能装備の充実などが行われたが、一番のトピックは、3/4段のATだけだった「eKワゴン」のトランスミッションに5段マニュアルが加わったこと。
バリエーションを広げるとともに、省燃費化が図られ、10・15モードで21.5km/リッター(2WD。4WDは19.8km/リッター)を実現。いずれも平成22年度燃費基準の+5%をクリアした。
加えて、2WD車で平成17年排出ガス規制75%低減レベル、4WD車では同50%低減レベルを達成し、グリーン税制に適合させた。

一方、特別仕様車「リミテッドエディション」は、「eKスポーツ」「eKアクティブ」に設定。2DINサイズのCD/MDオーディオを標準装着するなどした内容だ。

価格は、eKワゴンが90万3000円から119万9100円まで、eKスポーツは126万円から148万4700円まで、「eKクラッシィ」は119万4900円(2WD)と131万4600円(4WD)、eKアクティブは117万6000円から154万7700円まで。

(webCG 有吉)

 

三菱自動車「eKシリーズ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek/

関連キーワード:
eKワゴンeKスポーツeKアクティブ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT(FF/CVT)/三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.13 試乗記 三菱が満を持して軽スーパーハイトワゴン市場に参入。最後発となる「eKスペース」はライバルに伍(ご)する実力を備えているのか。その使い勝手と走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
ホームへ戻る