全長5.1mの最上級SUV「キャデラック・エスカレード」、05年モデル発売

2004.12.21 自動車ニュース
 

全長5.1mの最上級SUV「キャデラック・エスカレード」、05年モデル発売

三井物産オートモーティブは、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」の2005年モデルを、2004年12月17日に発売した。


写真はいずれも本国仕様。下の写真は、20インチホイール装着車。
 

「キャデラック・エスカレード」は、アメリカで高級車として認知されている、SUVのなかでもっとも大きい“フルサイズSUV”。日本に導入されるのは、6リッターV8 OHV「ヴォルテック」ユニットを搭載する、7人乗り、または8人乗り(無料オプション)の4WDモデルで、トランスミッションは4段ATだ。

2005年モデルは、インテリアのウッドパネルをウォールナットに、インストルメントパネルをクロームリング付きにするなどして、内装の質感を向上。インテリアカラーは「シュールレザー」と、新設定「ピューターレーザー」の2バリエーションとなった。

オプション装備に、20インチアルミホイール+P275/55R20インチタイヤ(プラス31万5000円)が加わったことも新しい。
価格は従来と同じ、764万4000円となる。

エスカレードは1998年、キャデラック初のSUVとして登場。現行モデルは2001年にフルモデルチェンジした2代目である。日本では2003年1月から、三井物産オートモーティブが正規輸入販売を開始し、2004年末までに約100台を販売したという。

“フルサイズSUV”の名に相応しく(?)、そのサイズは「メルセデスベンツSクラス」などのラージサルーンより大きく、全長×全幅×全高=5100×2040×1950mm、車重は2.5トンを超える。

エンジンは、6リッターV8 OHV(350ps、52.3kgm)に加え、正規輸入はされないが299psを発生する5.3リッターV8もあり、前者が4WD、後者は2WDとなる。トランスミッションはいずれも4ATのみ。

(webCGオオサワ)

三井物産オートモーティブ:
http://www.cadillac.mitsui.co.jp/

関連キーワード:
エスカレードキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(キャデラック) 2018.4.12 画像・写真 米ゼネラルモーターズはニューヨークモーターショー2018の会場に、新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」や、フラッグシップセダン「キャデラックCT6」の高性能モデル「V-SPORT」などを展示した。各車のディテールを写真で紹介する。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
ホームへ戻る