全長5.1mの最上級SUV「キャデラック・エスカレード」、05年モデル発売

2004.12.21 自動車ニュース
 

全長5.1mの最上級SUV「キャデラック・エスカレード」、05年モデル発売

三井物産オートモーティブは、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」の2005年モデルを、2004年12月17日に発売した。


写真はいずれも本国仕様。下の写真は、20インチホイール装着車。
 

「キャデラック・エスカレード」は、アメリカで高級車として認知されている、SUVのなかでもっとも大きい“フルサイズSUV”。日本に導入されるのは、6リッターV8 OHV「ヴォルテック」ユニットを搭載する、7人乗り、または8人乗り(無料オプション)の4WDモデルで、トランスミッションは4段ATだ。

2005年モデルは、インテリアのウッドパネルをウォールナットに、インストルメントパネルをクロームリング付きにするなどして、内装の質感を向上。インテリアカラーは「シュールレザー」と、新設定「ピューターレーザー」の2バリエーションとなった。

オプション装備に、20インチアルミホイール+P275/55R20インチタイヤ(プラス31万5000円)が加わったことも新しい。
価格は従来と同じ、764万4000円となる。

エスカレードは1998年、キャデラック初のSUVとして登場。現行モデルは2001年にフルモデルチェンジした2代目である。日本では2003年1月から、三井物産オートモーティブが正規輸入販売を開始し、2004年末までに約100台を販売したという。

“フルサイズSUV”の名に相応しく(?)、そのサイズは「メルセデスベンツSクラス」などのラージサルーンより大きく、全長×全幅×全高=5100×2040×1950mm、車重は2.5トンを超える。

エンジンは、6リッターV8 OHV(350ps、52.3kgm)に加え、正規輸入はされないが299psを発生する5.3リッターV8もあり、前者が4WD、後者は2WDとなる。トランスミッションはいずれも4ATのみ。

(webCGオオサワ)

三井物産オートモーティブ:
http://www.cadillac.mitsui.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • 8段AT搭載の「キャデラック・エスカレード」発売 2017.6.13 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが、一部改良を受けた「キャデラック・エスカレード」の日本導入を発表。既存の6段ATに替えて新たに8段ATが搭載されたほか、走破性能やけん引性能を高めるローレンジが追加されている。
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
  • 「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場 2017.6.19 自動車ニュース 英ジャガーがスポーツワゴンの新型「XFスポーツブレイク」をロンドンで初公開した。同社のEセグメントモデル「XF」のワゴンバージョンで、最大で1700リッターの荷室容量を実現。駆動方式には、FRに加えて4WDも用意されている。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
ホームへ戻る