全長5.1mの最上級SUV「キャデラック・エスカレード」、05年モデル発売

2004.12.21 自動車ニュース
 

全長5.1mの最上級SUV「キャデラック・エスカレード」、05年モデル発売

三井物産オートモーティブは、キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」の2005年モデルを、2004年12月17日に発売した。


写真はいずれも本国仕様。下の写真は、20インチホイール装着車。
 

「キャデラック・エスカレード」は、アメリカで高級車として認知されている、SUVのなかでもっとも大きい“フルサイズSUV”。日本に導入されるのは、6リッターV8 OHV「ヴォルテック」ユニットを搭載する、7人乗り、または8人乗り(無料オプション)の4WDモデルで、トランスミッションは4段ATだ。

2005年モデルは、インテリアのウッドパネルをウォールナットに、インストルメントパネルをクロームリング付きにするなどして、内装の質感を向上。インテリアカラーは「シュールレザー」と、新設定「ピューターレーザー」の2バリエーションとなった。

オプション装備に、20インチアルミホイール+P275/55R20インチタイヤ(プラス31万5000円)が加わったことも新しい。
価格は従来と同じ、764万4000円となる。

エスカレードは1998年、キャデラック初のSUVとして登場。現行モデルは2001年にフルモデルチェンジした2代目である。日本では2003年1月から、三井物産オートモーティブが正規輸入販売を開始し、2004年末までに約100台を販売したという。

“フルサイズSUV”の名に相応しく(?)、そのサイズは「メルセデスベンツSクラス」などのラージサルーンより大きく、全長×全幅×全高=5100×2040×1950mm、車重は2.5トンを超える。

エンジンは、6リッターV8 OHV(350ps、52.3kgm)に加え、正規輸入はされないが299psを発生する5.3リッターV8もあり、前者が4WD、後者は2WDとなる。トランスミッションはいずれも4ATのみ。

(webCGオオサワ)

三井物産オートモーティブ:
http://www.cadillac.mitsui.co.jp/

関連キーワード:
エスカレードキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックXT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.1 試乗記 キャデラックから、新型SUV「XT5クロスオーバー」が登場。熾烈(しれつ)なSUV市場に投入されるニューモデルの実力はどれほどのものか。車名もエンジンもプラットフォームも、従来モデルからすべてが一新されたキャデラック入魂の一台を試す。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記