トヨタの兄弟セダン、「プレミオ」「アリオン」がフェイスリフト

2004.12.21 自動車ニュース
 

トヨタの兄弟セダン、「プレミオ」「アリオン」がフェイスリフト

トヨタ自動車は、ミディアムセダン「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装と安全装備などを変更するなどし、2004年12月20日から販売を開始した。


【写真上】「アリオンA18“Sパッケージ”」
【写真下】「プレミオF“Lパッケージ”」
 

両車ともにフロントバンパー、グリル、ヘッドランプ、テールランプのデザインを変更。15インチタイヤ装着車では、アルミホイールの意匠も新しいものとなった。
内装では、アイボリーを明るめにし、上質感と高級感を高めたという。
装備面では、車速感応式ドアロック、ガラスプリントアンテナ、花粉除去クリーンエアフィルターなどが全車に標準装備された。
加えてシートベルトの締め忘れを警告するシートベルトリマインダーを全車に与え、SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグが、一部グレードにオプション設定された。ディスチャージヘッドランプをオートレベリング機能付きに変更したことも新しい。

ボディカラーでは、プレミオに「ベージュメタリック」「ブルーマイカメタリック」を、アリオンには「ローズメタリック」が新たに追加設定された。

価格は、プレミオが159.6万円から233.1万円、アリオンは157.5万円から222.6万円まで。

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「プレミオ」:http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Premio/
同「アリオン」:http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allion/

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】NEW 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る