トヨタの兄弟セダン、「プレミオ」「アリオン」がフェイスリフト

2004.12.21 自動車ニュース
 

トヨタの兄弟セダン、「プレミオ」「アリオン」がフェイスリフト

トヨタ自動車は、ミディアムセダン「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装と安全装備などを変更するなどし、2004年12月20日から販売を開始した。


【写真上】「アリオンA18“Sパッケージ”」
【写真下】「プレミオF“Lパッケージ”」
 

両車ともにフロントバンパー、グリル、ヘッドランプ、テールランプのデザインを変更。15インチタイヤ装着車では、アルミホイールの意匠も新しいものとなった。
内装では、アイボリーを明るめにし、上質感と高級感を高めたという。
装備面では、車速感応式ドアロック、ガラスプリントアンテナ、花粉除去クリーンエアフィルターなどが全車に標準装備された。
加えてシートベルトの締め忘れを警告するシートベルトリマインダーを全車に与え、SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグが、一部グレードにオプション設定された。ディスチャージヘッドランプをオートレベリング機能付きに変更したことも新しい。

ボディカラーでは、プレミオに「ベージュメタリック」「ブルーマイカメタリック」を、アリオンには「ローズメタリック」が新たに追加設定された。

価格は、プレミオが159.6万円から233.1万円、アリオンは157.5万円から222.6万円まで。

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「プレミオ」:http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Premio/
同「アリオン」:http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allion/

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開 2017.10.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)において、2018年の年央に発売予定の新型「センチュリー」を初披露すると発表した。
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、「クラウン コンセプト」を初公開 2017.10.4 自動車ニュース
  • 新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー 2017.10.2 自動車ニュース