クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表

2004.12.20 自動車ニュース
 

クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表

独ポルシェAGは、997型と呼ばれる新しい「911」のオープンモデルを発表した。クーペと同様、「911カレラカブリオレ」と「911カレラSカブリオレ」の2グレードを設定。2005年4月頃から欧州の一部地域を走り始める。日本への導入や価格は未定。



 

ニュー911にカブリオレが追加される。車両スペックやグレード構成はクーペと同じで、3.6リッターエンジン(325ps)搭載の「カレラカブリオレ」と、3.8リッター(355ps)を積む「カレラSカブリオレ」の2種類だ。

ソフトトップのオープン機構は、ボタン操作だけのフルオート。開閉に要する時間は20秒で、50km/hまでなら走行中でも開け閉めできる。

軽量設計コンセプトに基づいてつくられたボディはクーペより85kg重く、カレラが1480kg、カレラSは1505kg。0-100km/h加速はクーペに及ばないが、リアスポイラーの張り出しをクーペより20mm大きくして高速走行時の安定性を高め、最高速度はクーペと同じ285km/h&293km/hに達するという。

装備品は充実。ウインドディフレクターやオーディオ(ポルシェ・サウンドパッケージプラス=9スピーカー+CDラジオ)、「ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)」やアクティブダンパー「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」などを用意。

オープンならではの装備として、側頭部保護用エアバッグなどを含む「ポルシェ・サイドインパクト・プロテクションシステム」(POSIP)、転倒時に作動するロールバーなどが標準で備わる。

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
911カブリオレポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • 「The Rally -Amazing Moment-」の会場から 2018.6.18 画像・写真 ポルシェのスポーツカー誕生70周年を祝うラリーイベント「The Rally -Amazing Moment-」が開催された。東京・代官山T-SITEのスタートシーンを中心に、イベントの様子を参加車両とともに紹介する。
  • ポルシェ、初の電気自動車「ミッションE」を2020年に国内導入 2018.5.28 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2018年5月28日、ポルシェブランドの設立70周年を記念した記者会見を開き、ブランドの現状と、電動化を中心とした今後の取り組みについて発表した。
  • BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始 2018.5.24 自動車ニュース BMWジャパンは2018年5月24日、高性能オープンモデル「BMW M4カブリオレ コンペティション」と、限定車「BMW M4カブリオレ30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)」の国内受注を開始した。納車は同年の秋以降になる見込み。
  • 谷口信輝の新車試乗――ポルシェ911 GT3(後編) 2018.5.24 mobileCG 「限界を引き出すテクニックは必要ない。むしろ大事なのは……」 レーシングドライバー谷口信輝が、高性能モデル「ポルシェ911 GT3」の走りをプロフェッショナルの視点から熱く語る。
ホームへ戻る