クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表

2004.12.20 自動車ニュース
 

クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表

独ポルシェAGは、997型と呼ばれる新しい「911」のオープンモデルを発表した。クーペと同様、「911カレラカブリオレ」と「911カレラSカブリオレ」の2グレードを設定。2005年4月頃から欧州の一部地域を走り始める。日本への導入や価格は未定。



 

ニュー911にカブリオレが追加される。車両スペックやグレード構成はクーペと同じで、3.6リッターエンジン(325ps)搭載の「カレラカブリオレ」と、3.8リッター(355ps)を積む「カレラSカブリオレ」の2種類だ。

ソフトトップのオープン機構は、ボタン操作だけのフルオート。開閉に要する時間は20秒で、50km/hまでなら走行中でも開け閉めできる。

軽量設計コンセプトに基づいてつくられたボディはクーペより85kg重く、カレラが1480kg、カレラSは1505kg。0-100km/h加速はクーペに及ばないが、リアスポイラーの張り出しをクーペより20mm大きくして高速走行時の安定性を高め、最高速度はクーペと同じ285km/h&293km/hに達するという。

装備品は充実。ウインドディフレクターやオーディオ(ポルシェ・サウンドパッケージプラス=9スピーカー+CDラジオ)、「ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)」やアクティブダンパー「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」などを用意。

オープンならではの装備として、側頭部保護用エアバッグなどを含む「ポルシェ・サイドインパクト・プロテクションシステム」(POSIP)、転倒時に作動するロールバーなどが標準で備わる。

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る