ワゴンは“II”のまま……「マークIIブリット」一部改良

2004.12.17 自動車ニュース

ワゴンは“II”のまま……「マークIIブリット」一部改良

トヨタ自動車は、ステーションワゴン「マークIIブリット」を一部改良し、2004年12月15日に発売した。

セダンは「マークX」に生まれ変わったが、ワゴンは引き続き「II」のままである。
今回の一部改良では、エクステリアをよりスポーティに演出したのがポイント。ヘッドランプエクステンションやフロントグリルのメッキ部分をスモーク調に変更、前ウインカーレンズをクリアタイプに、テールストップランプにLEDを採用するなどした。

全グレードにわたり、5〜10万円以上値下げされたこともニュース。価格は、「2.0iR」の254.1万円から「2.5iR-V」の363.3万円まで。ただし、廉価版たる“Jエディション”は、カタログから落とされた。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「マークIIブリット」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Blit/

 
ワゴンは“II”のまま……「マークIIブリット」一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • 「三菱エクリプス クロス」、モータースポーツイベントで初披露 2017.4.6 自動車ニュース 三菱自動車は2017年4月6日、東京・お台場で開催されるモータースポーツジャパン2017 フェスティバル イン お台場(会期:4月15~16日)において、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の欧州仕様車を国内初披露すると発表した。
ホームへ戻る