ワゴンは“II”のまま……「マークIIブリット」一部改良

2004.12.17 自動車ニュース

ワゴンは“II”のまま……「マークIIブリット」一部改良

トヨタ自動車は、ステーションワゴン「マークIIブリット」を一部改良し、2004年12月15日に発売した。

セダンは「マークX」に生まれ変わったが、ワゴンは引き続き「II」のままである。
今回の一部改良では、エクステリアをよりスポーティに演出したのがポイント。ヘッドランプエクステンションやフロントグリルのメッキ部分をスモーク調に変更、前ウインカーレンズをクリアタイプに、テールストップランプにLEDを採用するなどした。

全グレードにわたり、5〜10万円以上値下げされたこともニュース。価格は、「2.0iR」の254.1万円から「2.5iR-V」の363.3万円まで。ただし、廉価版たる“Jエディション”は、カタログから落とされた。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「マークIIブリット」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Blit/

 
ワゴンは“II”のまま……「マークIIブリット」一部改良の画像

関連キーワード:
マークIIブリットトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • トヨタ・サクシード1.5TX Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】 2002.8.6 試乗記 ……152.3万円
    総合評価……★★




  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記