【東京オートサロン2005】マツダ、オートサロンで高性能「マツダスピード・アテンザ」を初披露

2004.12.17 自動車ニュース

【東京オートサロン2005】マツダ、オートサロンで高性能「マツダスピード・アテンザ」を初披露

マツダは、2005年春発売予定の「アテンザ」の高性能版である「マツダスピード・アテンザ」を、2005年1月14-16日に開かれる「東京オートサロン2005」で日本初公開する。

2004年9月のパリサロンで発表した欧州仕様「Mazda6 MPS」の日本版が「マツダスピード・アテンザ」。世界市場にも投入される、マツダのトップモデルである。

272psを発生する新開発2.3リッター直噴ガソリンターボ「MZR 2.3 DISI TURBO」と6段MTを組み合わせ、電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムを盛り込み、日常の快適性や経済性とともに、ドライビングプレジャーを提供するためのパフォーマンス性能を高次元でバランスさせた、「マツダ究極の“Zoom-Zoom”セダン」と謳われる。

さらに、2004年11月の第38回東京モーターショーで披露したミニバン「プレマシー」の新型も、カスタマイズカーとして5台ブースを飾る予定という。

(webCG 有吉)


マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

【東京オートサロン2005】マツダ、オートサロンで高性能「マツダスピード・アテンザ」を初披露の画像

こちらも来春リリースを控える、新しくなった「プレマシー」の「サウンド&ビジュアルカスタマイズ」仕様。

こちらも来春リリースを控える、新しくなった「プレマシー」の「サウンド&ビジュアルカスタマイズ」仕様。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る