【東京オートサロン2005】マツダ、オートサロンで高性能「マツダスピード・アテンザ」を初披露

2004.12.17 自動車ニュース

【東京オートサロン2005】マツダ、オートサロンで高性能「マツダスピード・アテンザ」を初披露

マツダは、2005年春発売予定の「アテンザ」の高性能版である「マツダスピード・アテンザ」を、2005年1月14-16日に開かれる「東京オートサロン2005」で日本初公開する。

2004年9月のパリサロンで発表した欧州仕様「Mazda6 MPS」の日本版が「マツダスピード・アテンザ」。世界市場にも投入される、マツダのトップモデルである。

272psを発生する新開発2.3リッター直噴ガソリンターボ「MZR 2.3 DISI TURBO」と6段MTを組み合わせ、電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムを盛り込み、日常の快適性や経済性とともに、ドライビングプレジャーを提供するためのパフォーマンス性能を高次元でバランスさせた、「マツダ究極の“Zoom-Zoom”セダン」と謳われる。

さらに、2004年11月の第38回東京モーターショーで披露したミニバン「プレマシー」の新型も、カスタマイズカーとして5台ブースを飾る予定という。

(webCG 有吉)


マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

【東京オートサロン2005】マツダ、オートサロンで高性能「マツダスピード・アテンザ」を初披露の画像

こちらも来春リリースを控える、新しくなった「プレマシー」の「サウンド&ビジュアルカスタマイズ」仕様。

こちらも来春リリースを控える、新しくなった「プレマシー」の「サウンド&ビジュアルカスタマイズ」仕様。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)【試乗記】 2013.3.26 試乗記 マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)
    ……326万2250円

    すでに高い人気を博している新型「マツダ・アテンザ」。今回は多彩なラインナップの中でも、ツウをうならせるマニアックなディーゼル×6段MT仕様に試乗。最新鋭のディーゼルエンジンを「手こぎ」で堪能した。
ホームへ戻る