【スペック】全長×全幅×全高=4600×1695×1825mm/ホイールベース=2695mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/2.5リッター直4 DOHC16バルブ(160ps/5600rpm、24.5mkg/4000rpm)/価格=250万9500円(テスト車=294万円/RRヒターダクト=1万5750円/キセノンヘッドランプ+運転席側オートクロージャー=8万9250円/DVDナビゲーション+リアビューモニター+TVチューナー+電源コンセント+ビデオ端子=32万5500円)

日産セレナ25ハイウェイスターX(4AT)7人乗り(後編)【試乗記】

現代版サニー(後編) 2004.12.16 試乗記 日産セレナ25ハイウェイスターX(4AT)7人乗り……294万円現代のモノスペースと1960〜70年代の“大衆車”。セレナ25ハイウェイスターXに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、一見何の脈絡もないようだが、なぜかセレナの息づかいにサニーの面影を見た。

古臭いけど腹は立たない

ミニバンにおける福利厚生のもうひとつが、退屈を紛らわせるAV機器だとすれば、この面ではいささか期待外れだった。テスト車には、DVD方式カーナビゲーションやリアビューモニターと一体化したそれがオプション装着されていたが、艶のない黒一色の周辺パネルやスイッチのデザインがいかにも古臭い。事実、スピーカーの音質が低レベルなうえ、すこしでも回転を上げるとエンジンの音に掻き消されてしまい、到底楽しめるようなレベルではないというのが正直なところだ。

そのエンジンも、第一印象としてはやや時代がかったものだった。乗り込んだ途端、ゴロゴロと微振動を伴うアイドリングが“良くできた”ディーゼルかと錯覚させ、回せば回したで結構うるさい。ざっと80km/hくらいまではエンジンの音が過半を占め、そこから上はダンロップSP10の発するロードノイズが耳に付く。100km/hに到ると、今度はエンジン回転数は、オーバードライブ(4速)で2250rpmにすぎないのに、風切り音がそれらすべてを凌駕するようになり、終始安寧を誘う静かさとは無縁のクルマなのである。
とはいえ、後ろの住人からはこれといった文句が出なかったから、多分に広い室内空間が醸す雰囲気の問題もあるのだろう。

そう思って見直してみると、6500rpmがリミットの「QR25DE」型エンジンはなかなかの好血漢でもある。オートマチックによる自動制御により現実には6000rpm+が上限だが、とにかく回せば回しただけ自ら好んで跳ね上がるタイプとみえ、回転マナーは軽快で気持ちがいい。そんな意味でも、かつてサニーに積まれた名機、プッシュロッドOHVのA型エンジンを彷彿させるに充分だった。

慎ましさに好感

乗り心地も決して近代的なそれではない。ワンボックスタイプとはいえ昔と違って“キャブ・オーバー・ザ・ホイール”(前席がフロントアクスルの真上にあるタイプ)ではないのに、軽いエレベーション(垂直動)が感じられ、速度と路面によっては多少のピッチングも皆無ではない。ハンドリングはかなりのアンダーステアを示す。高速道路上で遭遇する程度の大きな曲率でも、夜闇に乗じ、またぐっすり眠った同乗者に悟られない範囲で飛ばしてみると、ロック・トゥ・ロック3.3回転するステアリングを円周上で70〜80度も切っている自分に気づき、慌てさせられたこともある。現代のクルマにしては“ローテク”な部類に属し、トラクションコントロールなども未装着とあって、料金所直後の水溜まりに足を取られ、過大なトルクステアにヒヤッとさせられたこともあった。

けれども、かつてのサニー同様、このクルマも“大衆車”なるがゆえの、ある種の慎ましさを好ましく感じる。その典型が、依然ボディサイズの上では小型車枠(5ナンバー)を守る1690mmの全幅だ。実際、地方の街なかは車幅ギリギリの狭隘路も多い。以前、エスティマで何度も切り返してようやく曲がれた路地も、セレナは一発だ。
燃料がレギュラーであることも“庶民的”。都内近郊(4割)と地方往復(6割)の総平均で7.2km/リッターの燃費も、この種のクルマではまずまずである。燃費について言えば、足の短いのが玉に瑕。高速道路でもトリップメーターの数字が300kmを越す頃になると、そぞろ給油が気になり始めるのは少々困りものである。

(文=別冊CG編集室道田宣和/写真=峰昌宏・日産自動車/2004年8月)



日産セレナ25ハイウェイスターX(4AT)7人乗り(後編)【試乗記】の画像


日産セレナ25ハイウェイスターX(4AT)7人乗り(後編)【試乗記】の画像


日産セレナ25ハイウェイスターX(4AT)7人乗り(後編)【試乗記】の画像
(写真=日産自動車)

(写真=日産自動車)
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)【試乗記】 2012.8.31 試乗記 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)
    ……360万450円

    マイナーチェンジで新しいハイブリッド技術「S-HYBRID」を採用した「日産セレナ」。「スマートシンプルハイブリッド」と呼ばれる、低コストの次世代マイクロハイブリッドを体験した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る