スズキの屋台骨「ワゴンR」、取得税6000円減額

2004.12.16 自動車ニュース

スズキの屋台骨「ワゴンR」、取得税6000円減額

スズキは、同社の主力モデルである軽「ワゴンR」の排ガス性能や内装などを改良。特別仕様車とともに、2004年12月15日に発売した。

NAエンジン搭載モデルの4WD/4AT車(「FA」「FX」「FX-Sリミテッド」)の排ガスがクリーン化され、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」をクリア。NA全車とスポーティな上級「RR」の直噴ターボモデル(2WD/4AT)が「グリーン税制」適合車となり、平成18年3月31日届出まで、自動車取得税が6000円減額されるようになった。

さらに、シート表皮を手触りのいい起毛タイプに変更するなど内装を小変更した。
価格は、80万8500円から158万7600円まで。

同時にリリースされた特別仕様車「FT-Sリミテッド」「FX-Sリミテッド」は、スポーティな内外装に上級タイプのオーディオを装着したお買い得仕様。前者はベース車プラス8万4000円、後者は6万3000円高とした。

(webCG 有吉)

スズキ・ワゴンR:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/wagonr/

 
スズキの屋台骨「ワゴンR」、取得税6000円減額の画像

【写真上】「ワゴンR FX」
【写真下】特別仕様車「ワゴンR FT-Sリミテッド」
 

	【写真上】「ワゴンR FX」
	【写真下】特別仕様車「ワゴンR FT-Sリミテッド」
	 

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る