車内にはアニマル調プリント表皮を――「シボレー・クルーズ」特別仕様車

2004.12.15 自動車ニュース

車内にはアニマル調プリント表皮を――「シボレー・クルーズ」特別仕様車

スズキは、ゼネラルモーターズとの共同開発車であるコンパクトワゴン「シボレー・クルーズ」に、スポーティを謳う特別仕様車「S-セレクション」を設定、2004年12月14日に発売した。

「シボレー・クルーズS-セレクション」は、専用エアロパーツなどでスポーティに演出した、若年層に向けた特別仕様車だ。

外観は、新たにデザインされたアンダースポイラー(フロント/リア/サイド)やルーフエンドスポイラー、マフラーカッターでお化粧。
青色を基調とした車内は、アニマル調プリントの専用ファブリックシート表皮やドアトリム表皮、ブルーでステッチされた本革巻ステアリングホイールなどでドレスアップされる。

装備面では、オートエアコン、パワーステアリング、キーレスエントリー、MD/CDステレオ、電動格納式リモコンドアミラーなどが標準で与えられる。

ボディカラーは、「パールメタリックカシミールブルー」(青)と「アズールグレーパールメタリック」(灰)、「ブルーイッシュブラックパール3」(黒)、そして「パールホワイト」(白)の4色を用意。価格は、FFが133万3500円、4WDは151万2000円となる。

(webCG ワタナベ)

シボレー:
http://www.chevrolet.co.jp/

 
車内にはアニマル調プリント表皮を――「シボレー・クルーズ」特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クルーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • シボレー・クルーズ1.5 LT 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2002.5.21 試乗記 ……180.3万円
    総合評価……★★




  • シボレー・クルーズX(4WD/4AT)& LT(FF/4AT)【試乗記】 2001.11.7 試乗記 シボレー・クルーズX(4WD/4AT)& LT(FF/4AT)
    ……149.8/165.3万円

    第35回東京モーターショーで、お披露目されたGMとスズキの共同開発モデル、シボレー・クルーズ。1.5リッターモデルは「GMオートワールド」ネットワークで、1.3リッター車はスズキ「アリーナ」店にて、いずれも“シボレー”ブランドで販売される。山梨県は河口湖で開催されたプレス向け試乗会に、webCG記者が赴いた。


  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る