車内にはアニマル調プリント表皮を――「シボレー・クルーズ」特別仕様車

2004.12.15 自動車ニュース

車内にはアニマル調プリント表皮を――「シボレー・クルーズ」特別仕様車

スズキは、ゼネラルモーターズとの共同開発車であるコンパクトワゴン「シボレー・クルーズ」に、スポーティを謳う特別仕様車「S-セレクション」を設定、2004年12月14日に発売した。

「シボレー・クルーズS-セレクション」は、専用エアロパーツなどでスポーティに演出した、若年層に向けた特別仕様車だ。

外観は、新たにデザインされたアンダースポイラー(フロント/リア/サイド)やルーフエンドスポイラー、マフラーカッターでお化粧。
青色を基調とした車内は、アニマル調プリントの専用ファブリックシート表皮やドアトリム表皮、ブルーでステッチされた本革巻ステアリングホイールなどでドレスアップされる。

装備面では、オートエアコン、パワーステアリング、キーレスエントリー、MD/CDステレオ、電動格納式リモコンドアミラーなどが標準で与えられる。

ボディカラーは、「パールメタリックカシミールブルー」(青)と「アズールグレーパールメタリック」(灰)、「ブルーイッシュブラックパール3」(黒)、そして「パールホワイト」(白)の4色を用意。価格は、FFが133万3500円、4WDは151万2000円となる。

(webCG ワタナベ)

シボレー:
http://www.chevrolet.co.jp/

 
車内にはアニマル調プリント表皮を――「シボレー・クルーズ」特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編) 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • シボレー・クルーズ1.5 LT 2WD(4AT)【試乗記】 2001.12.22 試乗記 シボレー・クルーズ1.5 LT 2WD(4AT)……165.3万円

    GMとスズキが共同開発したミニSUV、「シボレークルーズ」。スズキ「スイフト」のパワートレインを持ち、デザインと足まわりはGMが担当した。鳴り物入りで登場した日米合作”シュビ−”に、しかし、『Car Graphic』編集委員の高平高輝は一言いいたい。


  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る