【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm/ホイールベース=2390mm/車重=830kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3 DOHC12バルブ(58ps/7600rpm、6.5kgm/4000rpm)/価格=122万8500円(テスト車=124万9500円)

ダイハツ・ムーヴラテ Xリミテッド(FF/4AT)【試乗記】

男のことも考えて! 2004.12.11 試乗記 ムーヴラテ Xリミテッド(FF/4AT)……124万9500円増える女性ターゲットの軽自動車。ダイハツがリリースしたのは、主力「ムーヴ」の機関を使う「ムーヴラテ」。“たのもしい”エアロパーツを付けた「Xリミテッド」に『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。
軽自動車では初めてという、ドアミラーに付くターンランプ。

軽自動車では初めてという、ドアミラーに付くターンランプ。


ダイハツ・ムーヴラテ Xリミテッド(FF/4AT)【試乗記】の画像

目立つ“まる”

ダイハツから新しいクルマが登場すると聞き、発表会の案内状を見ると「ムーヴラテ」という名前。“ムーヴの派生車種”とインプットして会場に赴いた。そこで出てきたのは、「ムーヴ」というイカツイイメージからは想像がつかない、まるまるとかわいらしいクルマだった。女性がターゲットという。規格の限られた軽自動車が室内を有効に使うために、四角いデザインにするという常套手段に対し、丸っこいデザインを優先したところがポイントだそうだ。
見慣れた感のある軽ハイトワゴンだが、「これは目立つ」と思った。が、同時に「これは人気が出るのかな?」と気になった。

3395×1475×1630mmの大きさは、本家ムーヴと全く同じ。ホイールベースも、もちろん同じ2390mmである。エンジンは、0.66リッター直列3気筒DOHC(58ps/7600rpm、6.5kgm/4000rpm)と、ターボ版(64ps/6400rpm、10.5kgm/3200rpm)を用意。それぞれにFFと4WDモデルがあり、4段ATが組みあわせられる。排出ガス浄化に効果のある「触媒早期活性化システム」が採用されたという違いはあるものの、基本的なメカニズムはムーヴと同じである。
開発主査は「派生車種といわないでほしい」とおっしゃっていたが、スペックから見る限りどう見ても派生車種だ。

ダッシュパネルは「タント」もそうだが、全体的にシンプルでスッキリしていて好印象。

ダッシュパネルは「タント」もそうだが、全体的にシンプルでスッキリしていて好印象。
背もたれの部分が顔になっている「スマイルベンチシート」。

背もたれの部分が顔になっている「スマイルベンチシート」。

たのもしい走り

“おおらか”がテーマのムーヴラテ。試乗したのは「Xリミテッド」という、NAエンジン搭載のベーシックグレードにエアロバンパーを付けたタイプ。
せっかくカワイイクルマに、エアロバンパーはどうだろうか? という疑問を投げると、ダイハツ曰く“たのもしい”という。モノは言いようである。

大きなドアを開け乗り込もうとするが、フロントのぱっちりお目めに見つめられると、僕は恥ずかしい雰囲気になってしまった。運転していても、大きなフロントウィンドウや、肩まで出ているサイドウィンドウから、誰が乗っているかすぐにわかってしまいそう。気にしているほど見られていないのは承知の上だが。

走りの方はというと、ムーヴで熟成を重ねているだけあって、高レベルにまとめられている。試乗したXリミテッドは、ベーシックバージョンの1インチアップとなる14インチタイヤを装着するが、不快な突き上げなどはない。ステアリングの適度な重さが、「しっかりしたクルマ」と訴えてくる。丸いボディデザインは、実は意外なところに貢献していて、ボディの剛性のアップにつながったという。デザインより、走りの方が“たのもしい”。

ドアトリムや、ドアオープナーなども、丸くデザインされる。



気をつかうシートアレンジ

あまり人目のつかないところににクルマを停め、インテリアを見直した。
丸基調のインテリアや、「スマイルベンチシート」と呼ばれる表情のあるシートなど、かわいいアイテムが盛りだくさん。さらに、たっぷり&いっぱいある収納スペースは、シートバックにティッシュポケットまでつくフル装備。バニティミラーの大きさも、最大限に大きくしたという。車内のイオン量を調整する風が吹き出す、プラズマイオンクラスターエアコンなどの採用も、最近の女性の健康志向を鑑みてのことらしい。

トランクルームをいじっていると、リアシートのアレンジに多少気をつかう。シートを倒す作業に難しい部分はないのだが、リアシートのスライドが後部座席側からしかできないため、位置によってはシートバックが完全に倒れない。そんなとき、うろうろする羽目になってしまうのだ。
いざ荷物をしまおうとしているかわいい奥さんに、そんなかっこわるいことをさせるわけにはいかない。早急に改善を望む。いや、それ以前に女性に大きい荷物を持たせてはダメか。やはりここは男子登場、運転も……となるだろう。



男性は覚悟を決めて

軽自動車の購買層は7割近くが女性だという。「ムーヴ」だと6割が女性で、まだまだ女性を取り込めると判断したわけだ。ダイハツにも「ミラアヴィ」や「タント」など、女性をメインターゲットにするクルマはあるが、“自分を大切にするミス&ミセス”のために登場のムーヴラテ。最強のライバルは、ホンダ「ライフ」だそう。ほかにもスズキ「アルトラパン」、新型「アルト」のように、女性向け軽自動車を用意するメーカーは多い。

女性向けだけでこんなに豊富なラインナップが……と思うこともあるが、とはいえ見られることに敏感な女性は、自分と同じクルマがいっぱい走っているのも気に入らないだろう。そう考えると、このクルマ、人気がでるかもしれない。いやいや、売れてしまうとまた同じクルマが走ることになるし……。メーカーも大変である。

しかし軽自動車は女性が乗るという発想は、都会的なのではないだろうか。年輩の方や、壮年男性が運転する地域も多い。軽自動車はどんどん良くなってきており、女性向けに力を入れられるのは、ちょっと悔しい気がする。コッテコテの「男向け軽自動車」なんてのも欲しい。
それはさておき、女性向けに作られた車を、男性が運転するときはきっとくるだろう。妻が「ムーヴラテ」を選んだら、男性諸君は、見られる覚悟を決めなくてはならない。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=峰昌宏/2004年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る