「MINI」のホットモデル「COOPER S」にオートマ免許で乗れる!

2004.12.09 自動車ニュース
 

「MINI」のホットモデル「COOPER S」にオートマ免許で乗れる!

従来マニュアルトランスミッションのみだった「MINI」のホットモデル「COOPER S」と「COOPER Sコンバーチブル」に、2004年12月7日から6段ATがオプション設定された。両車とも、プラス15万7500円で購入できる。

 

170psを発生するスーパーチャージャーユニット搭載の「MINI COOPER S」シリーズに、6段ATがオプション設定された。
MINIシリーズは、ベーシックモデルにCVTはあるが、COOPER Sシリーズには、その性格からマニュアルトランスミッションだけが用意されていた。

今回加わった6段ATは、BMW車と同様、シフトレバー操作でギアチェンジできる「ステップトロニック」付き。ステアリングにあるシフトパドルを操りながら、MINIらしいキビキビした走りが楽しめるという。
「AGS」と呼ばれる適応型トランスミッションコントロールを備えた多段のトルコン式ATにより、低燃費とエキサイティングな走りが両立した、と謳われる。

AT仕様の価格は、COOPER Sが295万500円、COOPER Sコンバーチブルは339万1500円となる。

(webCGオオサワ)

 

MINI:
http://www.mini.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る