「MINI」のホットモデル「COOPER S」にオートマ免許で乗れる!

2004.12.09 自動車ニュース
 

「MINI」のホットモデル「COOPER S」にオートマ免許で乗れる!

従来マニュアルトランスミッションのみだった「MINI」のホットモデル「COOPER S」と「COOPER Sコンバーチブル」に、2004年12月7日から6段ATがオプション設定された。両車とも、プラス15万7500円で購入できる。

 

170psを発生するスーパーチャージャーユニット搭載の「MINI COOPER S」シリーズに、6段ATがオプション設定された。
MINIシリーズは、ベーシックモデルにCVTはあるが、COOPER Sシリーズには、その性格からマニュアルトランスミッションだけが用意されていた。

今回加わった6段ATは、BMW車と同様、シフトレバー操作でギアチェンジできる「ステップトロニック」付き。ステアリングにあるシフトパドルを操りながら、MINIらしいキビキビした走りが楽しめるという。
「AGS」と呼ばれる適応型トランスミッションコントロールを備えた多段のトルコン式ATにより、低燃費とエキサイティングな走りが両立した、と謳われる。

AT仕様の価格は、COOPER Sが295万500円、COOPER Sコンバーチブルは339万1500円となる。

(webCGオオサワ)

 

MINI:
http://www.mini.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る