「MINI」のホットモデル「COOPER S」にオートマ免許で乗れる!

2004.12.09 自動車ニュース
 

「MINI」のホットモデル「COOPER S」にオートマ免許で乗れる!

従来マニュアルトランスミッションのみだった「MINI」のホットモデル「COOPER S」と「COOPER Sコンバーチブル」に、2004年12月7日から6段ATがオプション設定された。両車とも、プラス15万7500円で購入できる。

 

170psを発生するスーパーチャージャーユニット搭載の「MINI COOPER S」シリーズに、6段ATがオプション設定された。
MINIシリーズは、ベーシックモデルにCVTはあるが、COOPER Sシリーズには、その性格からマニュアルトランスミッションだけが用意されていた。

今回加わった6段ATは、BMW車と同様、シフトレバー操作でギアチェンジできる「ステップトロニック」付き。ステアリングにあるシフトパドルを操りながら、MINIらしいキビキビした走りが楽しめるという。
「AGS」と呼ばれる適応型トランスミッションコントロールを備えた多段のトルコン式ATにより、低燃費とエキサイティングな走りが両立した、と謳われる。

AT仕様の価格は、COOPER Sが295万500円、COOPER Sコンバーチブルは339万1500円となる。

(webCGオオサワ)

 

MINI:
http://www.mini.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る