スズキとGMによる燃料電池車「MRワゴン-FCV」が改良

2004.12.06 自動車ニュース
 

スズキとGMによる燃料電池車「MRワゴン-FCV」が改良

スズキと米ゼネラルモーターズが共同開発した軽仕様の燃料電池車「MRワゴン-FCV」が、2004年12月1日、国土交通大臣認定を受けた。

 

新しい「MRワゴン-FCV」の特徴は、従来まで350気圧だった高圧水素ガスの圧力が、700気圧まで高められた点。これにより航続距離が50%延長され、1回の圧縮水素充填で200kmの走行が可能になったという(詳しくは2004年8月18日付け「GMとスズキ、700気圧圧縮水素容器の認可を取得」を参照されたし)。

スズキの燃料電池車としては、2003年10月の350気圧型2台に次ぐ3台目の認定取得で、近くナンバープレートが交付され、2005年より公道試験が開始されるという。

(webCG 有吉)

 

スズキ「MRワゴン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/

関連記事 ホームへ戻る