スズキとGMによる燃料電池車「MRワゴン-FCV」が改良

2004.12.06 自動車ニュース
 

スズキとGMによる燃料電池車「MRワゴン-FCV」が改良

スズキと米ゼネラルモーターズが共同開発した軽仕様の燃料電池車「MRワゴン-FCV」が、2004年12月1日、国土交通大臣認定を受けた。

 

新しい「MRワゴン-FCV」の特徴は、従来まで350気圧だった高圧水素ガスの圧力が、700気圧まで高められた点。これにより航続距離が50%延長され、1回の圧縮水素充填で200kmの走行が可能になったという(詳しくは2004年8月18日付け「GMとスズキ、700気圧圧縮水素容器の認可を取得」を参照されたし)。

スズキの燃料電池車としては、2003年10月の350気圧型2台に次ぐ3台目の認定取得で、近くナンバープレートが交付され、2005年より公道試験が開始されるという。

(webCG 有吉)

 

スズキ「MRワゴン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/

関連キーワード:
MRワゴンスズキGM自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る