スズキとGMによる燃料電池車「MRワゴン-FCV」が改良

2004.12.06 自動車ニュース
 

スズキとGMによる燃料電池車「MRワゴン-FCV」が改良

スズキと米ゼネラルモーターズが共同開発した軽仕様の燃料電池車「MRワゴン-FCV」が、2004年12月1日、国土交通大臣認定を受けた。

 

新しい「MRワゴン-FCV」の特徴は、従来まで350気圧だった高圧水素ガスの圧力が、700気圧まで高められた点。これにより航続距離が50%延長され、1回の圧縮水素充填で200kmの走行が可能になったという(詳しくは2004年8月18日付け「GMとスズキ、700気圧圧縮水素容器の認可を取得」を参照されたし)。

スズキの燃料電池車としては、2003年10月の350気圧型2台に次ぐ3台目の認定取得で、近くナンバープレートが交付され、2005年より公道試験が開始されるという。

(webCG 有吉)

 

スズキ「MRワゴン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/

関連キーワード:
MRワゴンスズキGM自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
ホームへ戻る