「日産ラフェスタ」に特別仕様の「ライダー」と福祉車両

2004.12.03 自動車ニュース

「日産ラフェスタ」に特別仕様の「ライダー」と福祉車両

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、日産の新しいミニバン「ラフェスタ」発売にあわせて、特別仕様車「ライダー」と福祉車両「ライフケアビークル」の「アンシャンテ」を、2004年12月2日にリリースした。

オーテックお馴染みの名をつけた「ラフェスタ・ライダー」は、「スタイリッシュかつ存在感溢れるファミリーミニバン」をコンセプトに、車内外を光輝部品でお化粧。内装色は、ベージュかブラックから選べる。
さらに、専用チューニングサスペンション、専用タイヤ、専用スポーツマフラーの「スポーティパッケージオプション」を2WD車にのみ設定している。

価格は、211万500円から243万6000円まで。

一方の「ラフェスタ・アンシャンテ」は、「助手席スライドアップシート」仕様。助手席が電動で回転し、車外に出て下りてくることで、車椅子からの乗降が楽に行えるようにしたものだ。
さらに、前後スライドとリクライニングも電動。操作スイッチはシート左側だけでなく右側にも与え、シートに座ったひとのみならず、介助者にも操作しやすいつくりとした。

220万5000円から266万7000円までとなる。

(webCG 有吉)

オーテックジャパン「ラフェスタ・ライダー」:
http://www.autech.co.jp/SV/LAFESTARIDER/
同「ラフェスタ・アンシャンテ」:
http://www.autech.co.jp/LV/B30LA01/

 
「日産ラフェスタ」に特別仕様の「ライダー」と福祉車両の画像

「ラフェスタ・アンシャンテ」
 

	「ラフェスタ・アンシャンテ」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • 日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実 2016.7.5 自動車ニュース 日産自動車が「ラフェスタ ハイウェイスター」の装備を強化。電動スライドドアとスライドドアイージークロージャーを全車標準装備とした。グレードによってはインテリジェントキーやキセノンヘッドランプも標準となる。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
ホームへ戻る