「日産ラフェスタ」に特別仕様の「ライダー」と福祉車両

2004.12.03 自動車ニュース

「日産ラフェスタ」に特別仕様の「ライダー」と福祉車両

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、日産の新しいミニバン「ラフェスタ」発売にあわせて、特別仕様車「ライダー」と福祉車両「ライフケアビークル」の「アンシャンテ」を、2004年12月2日にリリースした。

オーテックお馴染みの名をつけた「ラフェスタ・ライダー」は、「スタイリッシュかつ存在感溢れるファミリーミニバン」をコンセプトに、車内外を光輝部品でお化粧。内装色は、ベージュかブラックから選べる。
さらに、専用チューニングサスペンション、専用タイヤ、専用スポーツマフラーの「スポーティパッケージオプション」を2WD車にのみ設定している。

価格は、211万500円から243万6000円まで。

一方の「ラフェスタ・アンシャンテ」は、「助手席スライドアップシート」仕様。助手席が電動で回転し、車外に出て下りてくることで、車椅子からの乗降が楽に行えるようにしたものだ。
さらに、前後スライドとリクライニングも電動。操作スイッチはシート左側だけでなく右側にも与え、シートに座ったひとのみならず、介助者にも操作しやすいつくりとした。

220万5000円から266万7000円までとなる。

(webCG 有吉)

オーテックジャパン「ラフェスタ・ライダー」:
http://www.autech.co.jp/SV/LAFESTARIDER/
同「ラフェスタ・アンシャンテ」:
http://www.autech.co.jp/LV/B30LA01/

 
「日産ラフェスタ」に特別仕様の「ライダー」と福祉車両の画像

「ラフェスタ・アンシャンテ」
 

	「ラフェスタ・アンシャンテ」
	 

関連キーワード:
ラフェスタ日産オーテック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)【試乗記】 2004.12.20 試乗記 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)
    ……277万2100円/211万500円

    スポーティな走りを訴求するライバルとは一線を画し、運転のしやすさ、明るい室内など、ピープルムーバーの本流に磨きをかけた「日産ラフェスタ」。自動車ジャーナリストの笹目二朗は、コンセプトどおりのクルマであることは評価するが……。


  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る