スズキの「アルト」「スイフト」に助手席回転車

2004.12.03 自動車ニュース

スズキの「アルト」「スイフト」に助手席回転車

スズキは、軽自動車「アルト」と同社の世界戦略車でもある「スイフト」に、福祉車両「回転スライドシート車」を追加設定し、2004年12月1日に発売した。

「回転スライドシート車」とは、足腰の不自由な方が助手席での乗り降りをしやすいように、シートが外側に向けて回転し前後にスライドする機構を備えた福祉車両のこと。前後スライド量は、「アルト」で最大180mm、「スイフト」は最大230mmという。

加えて、足を載せられる「折畳式専用フットレスト」と、乗降の際体を支える「アシストグリップ」を装備。スイフトには、ラゲッジスペースに車椅子をしまいやすくする機能を付加した。

価格は、アルトが97万6500円(2WD)と110万4600円(4WD)、スイフト(1.3リッター)は133万3500円(2WD)と151万2000円(4WD)だ。

(webCG 有吉)


スズキ「アルト」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/alto/
同「スイフト」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/swift/

 
スズキの「アルト」「スイフト」に助手席回転車の画像

上が「アルト」、下が「スイフト」の「回転スライドシート車」
 

	上が「アルト」、下が「スイフト」の「回転スライドシート車」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
  • スズキ・アルトX(FF/CVT)【試乗記】 2015.3.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
ホームへ戻る