「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位に

2004.12.02 自動車ニュース

「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位に

トヨタ自動車は、ベーシックカー「カローラ」およびそのワゴン「カローラフィールダー」、ハッチバック「カローラランクス/アレックス」を一部改良。ランクス&アレックスには特別仕様車を設定し、2004年12月1日に発売した。

1.5リッター(2WD/4AT)車の排出ガスがクリーン化され、国土交通省の低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得。既に達成している「平成22年度燃費基準+5%」とあわせ、より優位な優遇税制の対象車となった。

価格は据え置かれた。該当モデルのカローラは132.3万円から161.7万円、カローラフィールダーは153.3万円と168.0万円、ランクス&アレックスはそれぞれ149.1万円から163.8万円までとなる。

なお、カローラとカローラフィールダーの福祉車両「ウェルキャブ」にも同様の改良が施された。

一方、特別仕様車のカローラランクス「X“HIDセレクション”」とアレックス「XS150“Wiseセレクション”」は、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付き)やUVカット機能付きプライバシーガラス(リアドア・バックドア)、LEDスリットビームストップランプ付きリアスポイラーなどを盛り込んだ内容だ。

両車とも、153.3万円(2WD)と174.3万円(4WD)のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「カローラ」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CorollaSedan/
同「カローラフィールダー」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CorollaFielder/
同「カローラランクス」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Runx/
同「アレックス」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allex/

 
「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位にの画像

「カローラフィールダー」
 

	「カローラフィールダー」
	 

「カローラランクス」
 

	「カローラランクス」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る