「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位に

2004.12.02 自動車ニュース

「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位に

トヨタ自動車は、ベーシックカー「カローラ」およびそのワゴン「カローラフィールダー」、ハッチバック「カローラランクス/アレックス」を一部改良。ランクス&アレックスには特別仕様車を設定し、2004年12月1日に発売した。

1.5リッター(2WD/4AT)車の排出ガスがクリーン化され、国土交通省の低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得。既に達成している「平成22年度燃費基準+5%」とあわせ、より優位な優遇税制の対象車となった。

価格は据え置かれた。該当モデルのカローラは132.3万円から161.7万円、カローラフィールダーは153.3万円と168.0万円、ランクス&アレックスはそれぞれ149.1万円から163.8万円までとなる。

なお、カローラとカローラフィールダーの福祉車両「ウェルキャブ」にも同様の改良が施された。

一方、特別仕様車のカローラランクス「X“HIDセレクション”」とアレックス「XS150“Wiseセレクション”」は、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付き)やUVカット機能付きプライバシーガラス(リアドア・バックドア)、LEDスリットビームストップランプ付きリアスポイラーなどを盛り込んだ内容だ。

両車とも、153.3万円(2WD)と174.3万円(4WD)のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「カローラ」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CorollaSedan/
同「カローラフィールダー」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CorollaFielder/
同「カローラランクス」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Runx/
同「アレックス」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allex/

 
「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位にの画像

「カローラフィールダー」
 

	「カローラフィールダー」
	 

「カローラランクス」
 

	「カローラランクス」
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る