「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位に

2004.12.02 自動車ニュース

「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位に

トヨタ自動車は、ベーシックカー「カローラ」およびそのワゴン「カローラフィールダー」、ハッチバック「カローラランクス/アレックス」を一部改良。ランクス&アレックスには特別仕様車を設定し、2004年12月1日に発売した。

1.5リッター(2WD/4AT)車の排出ガスがクリーン化され、国土交通省の低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得。既に達成している「平成22年度燃費基準+5%」とあわせ、より優位な優遇税制の対象車となった。

価格は据え置かれた。該当モデルのカローラは132.3万円から161.7万円、カローラフィールダーは153.3万円と168.0万円、ランクス&アレックスはそれぞれ149.1万円から163.8万円までとなる。

なお、カローラとカローラフィールダーの福祉車両「ウェルキャブ」にも同様の改良が施された。

一方、特別仕様車のカローラランクス「X“HIDセレクション”」とアレックス「XS150“Wiseセレクション”」は、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付き)やUVカット機能付きプライバシーガラス(リアドア・バックドア)、LEDスリットビームストップランプ付きリアスポイラーなどを盛り込んだ内容だ。

両車とも、153.3万円(2WD)と174.3万円(4WD)のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「カローラ」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CorollaSedan/
同「カローラフィールダー」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CorollaFielder/
同「カローラランクス」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Runx/
同「アレックス」:
http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allex/

 
「トヨタ・カローラ」シリーズ、税制面でより優位にの画像

「カローラフィールダー」
 

	「カローラフィールダー」
	 

「カローラランクス」
 

	「カローラランクス」
	 

関連キーワード:
カローラ ランクスカローラ フィールダートヨタアレックス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る