日産、新型ミニバン「ラフェスタ」で“開放感をシフト”

2004.12.02 自動車ニュース

日産、新型ミニバン「ラフェスタ」で“開放感をシフト”

日産自動車は、5ナンバーサイズの新型ミニバン「ラフェスタ」を2004年12月2日に発売した。“開放感をシフト”するニューモデルのウリは、ズバリ、室内の開放感、そして日常での使い勝手だ。

■5番目の“シフト”は開放感

「日産ラフェスタ」は、「リバティ」の後継といわれる新型ミニバンだ。
5ナンバー枠に収まるボディに3列7人乗り、2リッタークラスのエンジンを積むピープルムーバーといえば、「トヨタ・ヴォクシー/ノア」や「アイシス」、ワゴンっぽい「ウィッシュ」「ホンダ・ストリーム」、あるいはちょっとユニークな「エディックス」(6人乗り)などライバルも多い。

そんな群雄割拠な市場で日産がアピールするのは、“開放感をシフトする”というキャッチフレーズのとおり、オープンフィーリングだ。全車標準装備の、ルーフの大部分をカバーする「パノラミックルーフ」と、広くとったウィンドウスペースが、すべての乗員に燦々と外光をもたらすのが自慢だ。

ボクシーなボディ両サイドにはリバティ譲りのスライドドアを備え、2列目のチャイルドシートへアクセスしやすくした「ベビーフレンドリーモード」など多彩なシートアレンジももちろん用意。コアユーザーである、小さい子供を持つ家族が、楽しく過ごせるクルマを目指したという。

パワートレインは2リッター直4+CVTのみで、駆動方式はFFあるいは4WD。ラインナップは、下から「20S」「20M」、そしてアウトドア向けの「プレイフル」の3種類で、それぞれ外観で差別化を図る。各グレードにはパノラミックルーフなしの仕様も設定され、7万3500円安く手に入れられる。

価格は、2WDが178万5000円から205万8000円まで、4WDは203万7000円から231万円まで。月販目標5000台を目指す。

ちなみに、2004年9月の「ムラーノ」を先頭に、「シフト(変革)」をキーワードとした新車群を立て続けに発表してきた日産にとって、ラフェスタは5番目のシフト。最後を飾るのは、来春1月に出る「コンパクトのフレキシビリティをシフトする」小型車「ノート」だ。

■「パノラミックルーフ」は全車標準

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4495×1695×1600mm(20S、20M)。リバティ比で80mm短く、30mm低いが、ホイールベースは10mm伸びて2700mmである。プラットフォームは、現行「ルノー・メガーヌ」と共用だ。

室内の広さにこだわったためか、ボディフォルムはボクシー。キャビンの採光性や視界を高めるため、ウエストラインを低く採り、車体上部をグラスエリアで囲った。最大の特徴であるパノラミックルーフは、1500×800mmのガラス天井で、4分割されるシェードで開口量を調整できる。紫外線100%カットでお肌にも配慮。

インテリアは、丸型をモチーフにしたセンタークラスターや、「ティアナ」や「ティーダ」で取り入れたラウンドシェイプのシート、ソフトなシート生地などで、明るく楽しい空間を表現したという。

エンジンは、日産とルノーが共同開発した2リッター直4「MR20CD」型(2WD:137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)。ティーダが搭載する1.5リッター「HR15DE」と同様、2000rpmで最大トルクの90%を発生するトルク特性により、実用性と燃費を両立したという。トランスミッションは、ベルト式「エクストロニックCVT」のみとなる。

(webCGオオサワ)

日産自動車「ラフェスタ」:
http://www.nissan.co.jp/LAFESTA/

 
日産、新型ミニバン「ラフェスタ」で“開放感をシフト”の画像

最大の特徴、1500×800mmのガラス大天井「パノラミックルーフ」
 

	最大の特徴、1500×800mmのガラス大天井「パノラミックルーフ」
	 


 
日産、新型ミニバン「ラフェスタ」で“開放感をシフト”の画像

シートアレンジをわかりやすくするため、1つの操作で行えるよう工夫した。フルフラットにするにも、ヘッドレストを外す必要はない。
 

	シートアレンジをわかりやすくするため、1つの操作で行えるよう工夫した。フルフラットにするにも、ヘッドレストを外す必要はない。
	 


 
日産、新型ミニバン「ラフェスタ」で“開放感をシフト”の画像

「プレイフル」
 

	「プレイフル」
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る