サーブ「9-3」「9-5」の2005年モデル発売

2004.12.02 自動車ニュース
 

サーブ「9-3」「9-5」の2005年モデル発売

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、サーブの2005年モデル「9-3スポーツセダン」「9-3カブリオレ」「9-5セダン」「9-5エステート」全12車種を、2004年12月4日に発売する。内容は装備面での小変更が主だ。

 

■9-3スポーツセダン

2004年10月に追加設定されたエントリーグレード「1.8t」(314.0万円)に始まり、最量販の「リニア」(374.0万円)、充実した装備の「アーク」(436.0万円)、トップに位置する「エアロ」(494.0万円)の4グレードを揃える。

リニアでは、アルミホイールを1インチアップし16インチに変更。新たにクルーズコントロール及びカーコンピューターを装備するなどした。加えて、運転席パワーシート、前席シートヒーターは、レザーシート、6連奏インダッシュCDチェンジャーとのセットオプション「リニア・スペシャルパッケージ」とした。

上級アークとエアロには、新たにMP3プレイヤーの入力端子を付与した。


「9-3カブリオレ」
 

■9-3カブリオレ

セダン同様に10月に発売した最廉価「1.8t」(499.0万円)と、パワフルなエンジンと充実した装備の「リニア」(541.0万円)、スポーティな「エアロ」(599.0万円)の3車種。

リニアでは、メーターリングの質感向上を図り、MP3プレイヤーの入力端子を追加。エアロでは、専用スポーツレザーシートに新たにカラーアクセントを施し、さらにMP3プレイヤーの入力端子も与えた。


「9-5セダン」
 

■9-5セダン

従来までの「リニア」を廃止し、新たに「アーク」(473.0万円)を導入。スポーツ指向のトップモデル「エアロ」(562.0万円)との2本立てとなる。

新顔のアークは、レザーシート、運転席メモリー付きパワーシート、自動防眩ミラー、レインセンシングワイパー、リアパーキングアシスタンスなどを備えたグレード。加えてカラーマッチングエクステリア(ボディ同色アンダーパネル)、新意匠の16インチアルミホイールで着飾った。

なおエアロに変更はない。


「9-5エステート」
 

■9-5エステート

ワゴンモデルは3車種、エントリー車「リニア」(419.0万円)、高級指向の「アーク」(498.0万円)、スポーティな「エアロ」(587.0万円)をラインナップする。

リニアは、インテリアに木目調パネルを新採用。またアークでは、搭載エンジンを2リッターから2.3リッターターボ(185ps)に変えるなどした。エアロに従来との違いはない。

(webCG 有吉)

 

サーブ:
http://www.saab.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • シボレー・カマロNEW 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る