サーブ「9-3」「9-5」の2005年モデル発売

2004.12.02 自動車ニュース
 

サーブ「9-3」「9-5」の2005年モデル発売

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、サーブの2005年モデル「9-3スポーツセダン」「9-3カブリオレ」「9-5セダン」「9-5エステート」全12車種を、2004年12月4日に発売する。内容は装備面での小変更が主だ。

 

■9-3スポーツセダン

2004年10月に追加設定されたエントリーグレード「1.8t」(314.0万円)に始まり、最量販の「リニア」(374.0万円)、充実した装備の「アーク」(436.0万円)、トップに位置する「エアロ」(494.0万円)の4グレードを揃える。

リニアでは、アルミホイールを1インチアップし16インチに変更。新たにクルーズコントロール及びカーコンピューターを装備するなどした。加えて、運転席パワーシート、前席シートヒーターは、レザーシート、6連奏インダッシュCDチェンジャーとのセットオプション「リニア・スペシャルパッケージ」とした。

上級アークとエアロには、新たにMP3プレイヤーの入力端子を付与した。


「9-3カブリオレ」
 

■9-3カブリオレ

セダン同様に10月に発売した最廉価「1.8t」(499.0万円)と、パワフルなエンジンと充実した装備の「リニア」(541.0万円)、スポーティな「エアロ」(599.0万円)の3車種。

リニアでは、メーターリングの質感向上を図り、MP3プレイヤーの入力端子を追加。エアロでは、専用スポーツレザーシートに新たにカラーアクセントを施し、さらにMP3プレイヤーの入力端子も与えた。


「9-5セダン」
 

■9-5セダン

従来までの「リニア」を廃止し、新たに「アーク」(473.0万円)を導入。スポーツ指向のトップモデル「エアロ」(562.0万円)との2本立てとなる。

新顔のアークは、レザーシート、運転席メモリー付きパワーシート、自動防眩ミラー、レインセンシングワイパー、リアパーキングアシスタンスなどを備えたグレード。加えてカラーマッチングエクステリア(ボディ同色アンダーパネル)、新意匠の16インチアルミホイールで着飾った。

なおエアロに変更はない。


「9-5エステート」
 

■9-5エステート

ワゴンモデルは3車種、エントリー車「リニア」(419.0万円)、高級指向の「アーク」(498.0万円)、スポーティな「エアロ」(587.0万円)をラインナップする。

リニアは、インテリアに木目調パネルを新採用。またアークでは、搭載エンジンを2リッターから2.3リッターターボ(185ps)に変えるなどした。エアロに従来との違いはない。

(webCG 有吉)

 

サーブ:
http://www.saab.co.jp/

関連キーワード:
9-3スポーツセダン9-5セダン9-3カブリオレ9-5エステートサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る