「スバルR2」、スポーティに一部改良&グレード追加

2004.11.30 自動車ニュース
 

「スバルR2」、スポーティに一部改良&グレード追加

富士重工業は、デザインコンシャスな軽自動車「スバルR2」をマイナーチェンジ。加えて、最廉価グレード「i カジュアル」や、特別仕様車「カスタム」を追加設定し、2004年12月20日に発売する。


【写真上】ボディカラーは、「クリームイエロー・パール」に替わり、鮮やかな「トパーズイエロー」を採用。全11色をラインナップする。
【写真下】特別仕様車「R2カスタム」
 

今回のマイナーチェンジでは、全車のフロントバンパー形状を変更。スーパーチャージャー搭載の「S」では、新デザインのアルミホイールを採用するなど、よりスポーティなエクステリアにしたという。

インテリアでは、高剛性ヘッドレストを採用して安全性を、また前席ヘッドレストの高さを50mm低めて視認性をそれぞれ向上。後部の天井内張を見直して、後席ヘッドルームを20mm拡大した。
中核グレード「R」のCVT車に、インジケーターが点灯してエコ運転を促す「Info-ECO」が加わったことも新しい。


カスタムが装備するオーディオ。ほかに、リアドア&リアゲート濃色ガラス、「i」グレードにオプションのフロントフォグランプが標準で備わる。
 

特別仕様車「カスタム」は、「i」または「R」をベースに、専用フロントバンパーとクリアタイプのサイドターンレンズを与えた、ちょっとワルっぽいエクステリアを持つモデル。MD/CDプレーヤー&チューナー一体オーディオを標準装着するなど、装備もグレードアップする。

価格は、「i カジュアル」が「i」グレードより6万8250円安く、FF/5MTモデルが85万5750円から。「カスタム」は、「i カスタム」(FF/CVT)の101万8500円からとなる。

(webCGオオサワ)

富士重工業「スバルR2」:
http://www.subaru.co.jp/r2/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】 2003.12.19 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    四角いハイトワゴン系「プレオ」転じて、ヒコーキメーカーの流れを強調したデザインを内外に採用した、ワンモーションフォルムの「R2」に。新しいスバルの軽自動車はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキがプレス試乗会に参加した。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


ホームへ戻る