クラシカル軽「ダイハツ・ミラジーノ」一新

2004.11.29 自動車ニュース

クラシカル軽「ダイハツ・ミラジーノ」一新

ダイハツ工業は、ベーシックな軽自動車「ミラ」をクラシカルに飾った「ミラジーノ」をフルモデルチェンジし、2004年11月29日に発売した。

■「ミラ」3兄弟の末っ子

1980年に初代がデビューした、ダイハツのボトムレンジを担う「ミラ」。そのボディに丸型ヘッドランプやメッキ処理のグリルなどを与えクラシカルに飾ったのが、1999年発売の「ミラジーノ」だ。

現行の6代目ミラのリリースが2002年12月。以来、先代ベース車が継続販売されていたが、今回晴れて新型に生まれ変わった。

商用バンを除くミラには、「おしゃれで活動的なミセス」をターゲットとした基本の「ミラ」と、「知的でアクティブな若い女性」に訴求したちょっと垢抜けた「ミラアヴィ」があるが、新型ミラジーノの主要顧客層は「友達感覚の仲良し親子(M&D=マザー&ドーター)」とか。
軽規格でハードウェアを決められたミニマル・トランスポーターでは、派生車種のキャラ(ガワ)違いで幅広いユーザーを取り込みたい。

車両は基本的にミラと同じ。全長×全幅×全高=3395×1475×1515mm、ホイールベース=2390mmは、高さが15mm増えた以外はミラに準ずるディメンションだ。

エンジンは、659cc直3のDOHCユニットのみで、ミラにあるSOHCは設定なし。アウトプットも58ps/7600rpm、6.5kgm/4000rpmと不変だ。
トランスミッションは4段ATオンリー。FFに加えフルタイム4WDも用意する。

価格は、98.7万円から138.6万円まで。国内月販目標を3500台に設定する。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「ミラジーノ」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/mira_gino/

 
クラシカル軽「ダイハツ・ミラジーノ」一新の画像

インテリアに配した丸型&楕円の造形でオシャレ感を演出。「やすらぎ」というキーワードも昨今の軽ならではといったところ。
装備品として、防カビ&ストレス緩和に効果ありとされるプラズマクラスター付きのオートエアコン(一部グレードを除く)などを含む「ピュアコンディショニングパック」や、軽最大を謳う照明付き大型バニティミラー、セキュリティアラームなどを揃える。
 

	インテリアに配した丸型&楕円の造形でオシャレ感を演出。「やすらぎ」というキーワードも昨今の軽ならではといったところ。
	装備品として、防カビ&ストレス緩和に効果ありとされるプラズマクラスター付きのオートエアコン(一部グレードを除く)などを含む「ピュアコンディショニングパック」や、軽最大を謳う照明付き大型バニティミラー、セキュリティアラームなどを揃える。
	 

室内の長さは1850mm、幅は1275mmという。
 

	室内の長さは1850mm、幅は1275mmという。
	 

こちらはスポーティ感を出したグレード「MINILITE」。独特の顔つき、エアロパーツ、15インチアルミホイール、ディスチャージヘッドランプなどが特徴だ。
 

	こちらはスポーティ感を出したグレード「MINILITE」。独特の顔つき、エアロパーツ、15インチアルミホイール、ディスチャージヘッドランプなどが特徴だ。
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る