トヨタ一色に染まった日…トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル開催

2004.11.29 自動車ニュース

トヨタ一色に染まった日…トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル開催

2004年11月28日、三重県の鈴鹿サーキットで「トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル2004」が開催された。2万4500人のモータースポーツ・ファンが訪れ、会場はトヨタ一色に染まった。

おおむね青空のもと行われた「トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル2004」。ウェルカムセレモニーでは、トヨタ自動車の齋藤明彦副社長自らが今年のF1マシン「TF104」のステアリングを握り、鈴鹿サーキット・東コースを1周しグランドスタンド前に登場した。
齋藤副社長は、「F1で表彰台」と来る2005年シーズンの目標を力強く語り、開会を宣言。観客から大きな歓声がわきあがった。

コースでは、「ネッツカップ・ヴィッツシリーズ」のチャンピオン戦、「ESSOフォーミュラトヨタ」「ネッツカップ・アルテッツァシリーズ」最終戦に加え、トヨタのモータースポーツ史に刻まれた歴代のレーシングマシン、そして現在活躍するレーシングカーのデモ走行、GT300、GT500マシンによる模擬レースなどが行われた。

デモ走行には、「トヨタ2000GTタイムトライアル仕様」や「トヨタ7」、グループCカーの「TS010」、F1マシンやGTマシン、チャンプカーなどのサーキットで活躍したマシンだけではなく、パリダカに挑む「ランドクルーザー」なども出走。さらに、日本ではまず見ることのできない、NASCARクラフトマン・トラック・シリーズの「タンドラ」もエキゾーストノートを響かせた。

TF104は、トヨタのサードドライバーを務めるライアン・ブリスコがドライブ。高木虎之介がステアリングを握ったチャンプカーと抜きつ抜かれつを演じる場面も見られた。ブリスコは観衆の前で白煙を巻き上げ、ドーナッツターンを披露した。

(文と写真=KLM Photographics J)

 

ピット見学では、トヨタF1の高橋敬三技術コーディネーション担当ディレクターがF1について解説する場面も。
 

トヨタF1のサードドライバーを務めるライアン・ブリスコ(右)と並ぶのは、トヨタ自動車の齋藤明彦副社長。
 

パリダカ仕様の「ランドクルーザー」をドライブするのは片山右京。
 

マイク・スキナー駆るNASCARクラフトマン・トラック・シリーズの「タンドラ」。
 

パドックの駐車場にずらりと整列した「トヨタ2000GT」。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。