“ミニ・レンジ”こと新型「レンジローバースポーツ」、来年1月に発表

2004.11.29 自動車ニュース

“ミニ・レンジ”こと新型「レンジローバースポーツ」、来年1月に発表

2005年1月のデトロイトショーに、ランドローバーのニューモデル「レンジローバースポーツ」が発表されることが、2004年11月26日にランドローバージャパンから発表された。

 

■ディスカバリーとレンジの間

新型「レンジローバースポーツ」は、既存のランドローバーラインナップ「フリーランダー」「ディスカバリー」「レンジローバー」「ディフェンダー」に追加される「5番目のモデル」(プレスリリース)。ポジションとしては、新しくなったディスカバリー「3」と、高級4X4として名高い旗艦レンジローバーの間に入る。

2004年のデトロイトショーで発表された、ガルウィングを持ったコンセプトカー「Range Stormer(レンジストーマー)」の市販版で、ニューディスカバリーとプラットフォームをシェアしているといわれている。

「スポーツツアラーSUV」という売り言葉のとおり、ラクシュリーなレンジローバーに対し、より軽快かつスポーティな性格付けがされているようで、ライバルとして「BMW X5」や「VWトゥアレグ」「ポルシェ・カイエン」などの名が挙げられる。

エンジンは、ジャガーから譲り受けたといわれるスーパーチャージャー付き390psのV8ユニットを筆頭に、V6ディーゼルやNAのV8などをラインナップ。チューンされたシャシーや、ディスカバリー3にも投入された「テレイン・レスポンス」と呼ばれる電子制御システムなどを盛り込む。

2005年春から順次各マーケットでリリースされる予定という。

(webCG 有吉)

 

ランドローバージャパン:
http://www.landrover.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.11.1 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
ホームへ戻る