一新された「シボレー・コルベット(C6)」、来年2月に発売

2004.11.26 自動車ニュース

一新された「シボレー・コルベット(C6)」、来年2月に発売

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、アメリカンスポーツカー「シボレー・コルベット」の最新型「C6」を、2005年2月11日に発売する。

■軽量、高剛性、コンパクト、そしてパワフル

2004年1月のデトロイトショーでお披露目された最新型「コルベット」は、「C6」というサブネームが示すとおり、1954年の初代から数えて6代目に当たる。

ロング・ノーズ&ショート・デッキのスタイリングは活かしつつ、ボディサイズはコンパクト化が推し進められ、先代比で全長が-100mm、全幅-10mm、全高-20mmの、4455×1860×1250mmとなった。一方ホイールベースは2685mmと、約30mm延長された。

新しいFRプラットフォームは、ハイドロフォームを主構造に、樹脂製フロアと軽合金バルクヘッド、コクピットで構成されるバックボーンの上に樹脂の外皮を被せた仕組み。これにより、軽量かつ高強度を得られたことが特徴とされる。

サスペンションは、前ダブルウィッシュボーン、後横置きリーフスプリングの独立懸架と基本構造を踏襲しつつ、各所にリファインを施したものという。
日本仕様は、ダンパーに磁性流体を用いたリアルタイム・ダンピング・システム「マグネティック・セレクティブ・ライド・コントロール」が全車に採用される。

コルベットといえばリトラクタブルヘッドランプが頭に浮かぶが、新型には1962年以来の固定式が選ばれた。Cd値は先代より0.01向上し、0.28となった。

エンジンは、伝統の“スモールブロックV8”。約半世紀の間基本骨格を変えていない息の長いOHVユニットは、5.7から6リッターに排気量アップした新開発「LS2」型で、「量産型としてはコルベット史上最強」(プレスリリース)の、最高出力404ps/6000rpm、最大トルク55.6kgm/4400rpmを発生する。

ラインナップは、「コルベット・クーペ」とそのオープン「コルベット・コンバーチブル」の2モデルを導入。4段ATに加え、クーペには6段マニュアルも用意される。

価格は以下のとおり。
コルベット・クーペ(4AT/左ハンドル) 715.0万円
コルベット・クーペ(6MT/左ハンドル) 698.0万円
コルベット・コンバーチブル(4AT/左ハンドル) 835.0万円

(webCG 有吉)


シボレー「コルベット」:
http://www.gm-corvette.jp/

 
一新された「シボレー・コルベット(C6)」、来年2月に発売の画像

「デュアル・コクピット・デザイン」というアイディアを継承したインテリア。随所にアルミ素材をアクセントとして用いた。
エンジンスタートはプッシュボタン式。メーターには、コーナリング時の横Gを表示する「Gメーター」も備わる。
 

	「デュアル・コクピット・デザイン」というアイディアを継承したインテリア。随所にアルミ素材をアクセントとして用いた。
	エンジンスタートはプッシュボタン式。メーターには、コーナリング時の横Gを表示する「Gメーター」も備わる。
	 

こちらは「コルベット・コンバーチブル」。ABS、トラクションコントロール、アクティブ・ハンドリングなど各機器を電子制御し、高度なコントロール性と限界走行時の安全性を確保するといわれる「ダイナミック・シャシー・コントロール」や、いわゆるランフラットタイヤ「エクステンデッド・モビリティ・タイヤ」なども備わる。
 

	こちらは「コルベット・コンバーチブル」。ABS、トラクションコントロール、アクティブ・ハンドリングなど各機器を電子制御し、高度なコントロール性と限界走行時の安全性を確保するといわれる「ダイナミック・シャシー・コントロール」や、いわゆるランフラットタイヤ「エクステンデッド・モビリティ・タイヤ」なども備わる。
	 

関連キーワード:
コルベットコルベット コンバーチブルシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記